【まんが】日本一まずいラーメン屋『彦龍』のオヤジに人生相談してみた

かつて日本には、自他ともに認める「日本一まずいラーメン屋」があった。その名も『彦龍』。伝説的ともいえる味の悪さは、あのビートたけしに「キムチをドブ川に入れたような味」と言わしめたほどである。だが、お店は惜しくも2010年の1月いっぱいで閉店した。

そんな彦龍の店主「原憲彦さん」に、ガチで人生相談させたらどうなるのか。一体何をアドバイスしてくれるのか。その答えは、今回掲載するマンガを読めば一目瞭然だ!!

続きを全部読む