「ブラック企業」にまつわる記事

【ヤバイ】とある社長が自社名の関連検索で「ブラック」「倒産」と表示されることに激怒 → とった対策が漆黒すぎる

「和民」の新入社員過労自殺から9年が経つが、未だに無くならないブラック企業。2017年5月から毎月、厚労省が労働基準関係法令違反している「ブラック企業リスト」を発表しているが、これは氷山の一角と言えるだろう。

現在、とあるTwitterユーザーが投稿した “会社で社長から下された命令” が「まさにブラック」と話題だ。自社名の関連検索で「ブラック」「倒産」と表示されることに激怒した社長がとった漆黒すぎる対策とは?

続きを全部読む

ワタミの求人条件がヤバすぎると話題 / ネットの声「狂気しか感じない」「まだこんな求人出してんのかよ」

1986年に設立され、グループ合計で3500人以上(2016年3月時点)の従業員が在籍している飲食大手「ワタミ」。そんなワタミが以前、大きく取り上げられた事件がある。それは従業員の過労自殺問題だ。

2013年に入社したての社員が過労自殺したとして、遺族が同社を提訴。後に和解が成立して事件は終結した……と思いきや、現在公募中の新卒求人の条件がヤバすぎるとネットで話題になっている。

続きを全部読む

【ホワイト企業】くちコミの「働きやすい会社」ランキング2位が「グーグル」「特許庁」← この2つを超えたのは○○!

就職や転職をする時に何より気になるのが企業の噂。これから社員となる会社にブラックな噂が立っていようものなら目も当てられない。そんなくちコミを見ることができるのが、転職サイト「キャリコネ」である。

会社内でのさまざまな体験が書かれているこのサイト。中でも、評価の高い会社は「働きやすい会社ランキング」として発表されているのだが、2017年6月21日17時現在、2位は同率で「グーグル」と「特許庁」だ。オイオイ、この2つを超えたウルトラホワイトって一体どこだよ……!?

続きを全部読む

【ブチギレ】うたのおにいさんが社畜以下の扱いだったことが判明、ママたち大激怒「NHKは金持ってるだろ!」

2017年5月11日放送のフジテレビ系列『バイキング』で放送された特集が波紋を呼んでいる。お題は、NHK教育テレビ(Eテレ)の看板番組『おかあさんといっしょ』に登場する「うたのおにいさん」及び「うたのおねえさん」についてだったのだが……。

余りにも過酷すぎる労働条件と、詳細な取り決め、さらには安すぎる給料が判明したのだ。この放送を受け、うたのおにいさんたちを愛する全国のママさんたちが激怒、怒りの矛先がNHKへ向いている。

続きを全部読む

【実話】「仕事がデキる女性社員 VS 仕事はダメだが容姿端麗な美人社員」の対立で会社が潰れかけた話 / クズ社長が押してしまった爆破スイッチ

会社を退職する手段は、大まかに2種類ある。円満に退社する方法と、円満ではない雰囲気のなか退社する方法だ。そして、辞める側にとっても会社側にとっても、なるべく前者の “円満に” という方向で退職の話を進めたいところだろう。

……が、現実的にそうは言ってられない場合だってある。例えば、辞める側が「うおおおお! こんな会社、潰れちまえ!! ボケ、コラァァッ!!!!」となってたら、話を円満に進めるのはなかなか難しい。それどころか、場合によっては退職者の怒りが会社を倒産の危機に追い込むことだってあるのだ。こんな風に……

続きを全部読む

【超ライフハック】張り詰めたオフィスで解放感を得る3つの方法 / 上司の頭にパンツをかぶせるなど

すし詰めのデスクの合間を流れる張り詰めた空気。息をするのもはばかられるようなオフィスの緊張感はいつまでたっても慣れない。仕事のプレッシャーや上司の視線に、ついついやらかしてしまうミス。もっと自由に仕事ができたなら、こんなミス絶対しないのに

……と、思ったことはないだろうか。実際、私(中澤)は、過度の緊張は良い仕事を阻害すると考えている。そこで今回は、私が発見した張り詰めたオフィスで周りにバレずに解放感を得る方法を3つご紹介したい。これを知ればあなたもオフィスの覇者! もはや何者にも縛られることはなくなるはずだ!!

続きを全部読む

HISで聞いた「メチャメチャ残業しても疲れが吹き飛ぶ」オススメ旅行先TOP3!

やあ、社会人のみんな! 今日もメチャメチャ働いているかな? 労働は楽しいだけじゃなくツラいことも多いよな? 人間関係・給与問題・育児との両立……中でもやっぱりキツいのが時間外労働……つまり残業だ。

適度な残業は致し方ない気もするが、残業のしすぎでストレスを溜めたり、体を壊したりしたら元も子もない。そんなときは旅行に出かけるのが一番! 疲れ切った心も体もリフレッシュしようぜ!! というわけで今回は大手旅行代理店『H.I.S.』で「メチャメチャ残業しても疲れが吹き飛ぶオススメ旅行先」を3つ教えてもらってきたぞ!

続きを全部読む

【あるある】ブラック企業にありがちなこと40連発

突然だが、あなたは今、楽しく働けていますか。お財布の中身と心は満たされていますか。両方でなくとも、どちらかが充実していますか。万が一、どちらも満たされていないあなたは立ち止まって考えてみてほしい。あなたの勤め先はブラック企業ではないかと。

記者は何故かブラック企業を引き当てる体質だ。いやむしろ、わかっていて飛び込むと言ってもいいかもしれない。もちろん今は楽しく働いているのだが、これまでの経験を振り返り、これから “就職” について考えるソコのアナタに向けてブラック企業あるあるをお届けしたい。ぜひ就職先選びの参考にしてくれよな!

続きを全部読む

【13時間労働】外国人サラリーマンの東京での生活を追った動画 / その多忙さに「狂ってるぜ!」「自殺率が高い理由が分かる」など世界から驚愕の声

「月月火水木金金」「24時間働けますか?」「企業戦士」……などなど、行き過ぎた勤労を美化する言葉は多々あれど、働き過ぎは体に毒。近年では「ブラック企業」「過労死」なんて怖い言葉もあるので、みなさん気をつけていただきたい。

しかし気をつけても、仕事は仕事。頑張りすぎてしまうことだってあるのだが、現在、日本で働いている外国人サラリーマンの1週間を収めた動画が公開され、話題を集めている。彼の日々は、まさしく多忙! その目の回るような生活に、世界からは「ちょっと働き過ぎやて!」と待ったがかかっているのだ。

続きを全部読む

【あるある】入社後3年以内にほぼ全員が辞める「編集プロダクション」にありがちなこと50連発

最近よくブラック企業の問題が取り上げられているが、「編集プロダクション」には、間違いなく “ブラックな会社” が多いと言えるだろう。長時間労働、安い給料、高い離職率……。もちろん、全ての編集プロダクションがそうではないが、ブラックと言われてもおかしくない会社が多いのは事実である。

そこで今回は、そんな編集プロダクションのなかでも特にブラックな傾向が強い会社を、個人的な体験を交えながら「あるある」という形でお届けしたい。題して、『入社後3年以内にほぼ全員が辞める「編集プロダクション」にありがちなこと50連発』だ。

続きを全部読む

今年も始まった! もっともブラックな企業を選ぶ「ブラック企業大賞」投票開始 / ノミネート企業9社には東京都議会も

今年で3回目を迎える「ブラック企業大賞」。これは2012年から毎年行われている、その年にもっともブラックな企業を選出する投票である。

2012年に大賞に選ばれたのは、東京電力株式会社。2013年はワタミフードサービス。そして今年は以下の企業が候補としてノミネートされている

続きを全部読む

【あるある】新入社員が「この会社はヤバイ! 早めに辞めた方がいい!!」と感じるポイント50連発

「この会社はどんな会社なのか?」「もし入社した場合、自分は合うのだろうか?」などは、基本的に入社するまで分からない。少なくとも、入る前に色々と想像していたことより、入社後に理解することの方が圧倒的に多いだろう。

そして、入社前のイメージと入社後の実情に悪い意味でギャップがある場合、折角入社したもののすぐに退社する、という事態になりかねない。そこで今回は、新入社員に「ここはヤバい! 合わない!!」と感じさせるポイント50連発を選んでみたぞ。

続きを全部読む

ネットで無料公開された漫画『ブラック会社によろしく』がリアルすぎて切ないと話題に

「ブラよろ」といえば、病院を舞台とした佐藤秀峰先生作の人気漫画『ブラックジャックによろしく』だ。だが、今、もうひとつの「ブラよろ」がインターネット上で話題となっている。

話題の「ブラよろ」の正式名称は『ブラック会社によろしく』。ブラック企業のSEの物語なのだが、リアルすぎて切ないと話題になっている。

続きを全部読む

ワタミの労働環境を海外メディアが心配 「洗脳されているから “残業” ではない?」「政治家にして大丈夫?」

「ワタミグループ」といえば、居酒屋『和民』や介護事業など幅広く事業展開しているグループだ。会長の渡邉美樹氏が一代で急成長させた企業としてもよく知られている。

だが、その労働環境から「ブラック企業では?」と、ささやかれることも少なくない。そんななか週刊文春が「365日24時間死ぬまで働け」などと書かれた “ワタミの社内文書” を公開し話題となった。

その話題は海外にも広がっている模様。ある海外メディアが「洗脳されているから “残業” ではない?」、「日本は大丈夫?」という旨のコメントつきの動画を発表し注目されている。

続きを全部読む

一般投票受付中! ブラック企業の頂点を決める「ブラック企業大賞2012」開催決定 / ノミネート企業も要チェック

ルポライターの古川琢也氏やジャーナリスト・法政大学教授の水島宏明氏など、計10名で構成される「ブラック企業大賞企画委員会」は2012年7月9日、今年もっともブラックな企業の頂点を決める「ブラック企業大賞2012」のノミネート企業を発表した。7月28日に大賞の発表が行われるのだが、それに先立ってネット上で一般投票も行われている。

中間結果を見ると、ワタミ(ワタミ株式会社)が早くも独走体制、逃げ切りの構えを見せている。

続きを全部読む