先日、東京・池袋で行われた「IKEBUKUROパン祭」の会場で、私(佐藤)はカツ丼・親子丼・鰻丼(うなたま丼)のハンバーガーに遭遇してしまった。和食 × パンの組み合わせは、もはや珍しいものではなくっているらしい。

というのも、浅草でさらなる新しい組み合わせを発見した! 「天ぷらそばサンド」(税込650円)。そう、パンの間に天ぷらそばが挟んである!! 食べてみたら、予想に反して美味かった!!

・特徴強めのサンドについて

この種の特徴強めなサンドイッチやハンバーガーに関して、私の持論を述べておきた。和食をパンに挟む試みは面白いと思う。話題性バツグンだし、写真映えもするし、お店のPR商品としてかなり有効だ。だが、食べた時の「異物感」はどうしても拭えない。味が全体的によくても、口に入れた時の違和感は否定できない。

味が話題性の犠牲になっているケースも少ないなくのだが、さて、このお店「ツクモサンドイッチ」の商品はどうだろうか……。


お店の名前が示す通りに、主力商品はサンドイッチ。現在、期間限定で栃木県の「eat me sandwich」とコラボした、フルーツサンドの販売を行っている。


メニュー看板の中央を見ると、噂の天ぷらそばサンドを発見! それから「岩下の新生姜」ともコラボした「豚肉の生姜焼きサンド」(税込480円)も販売している。この2つの目玉商品を食わないといけねえな!


ってことで、その2つとアイスコーヒー(税込150円)を注文。店前のイートインスペースで頂くことにした。


・豚肉の生姜焼きサンド

まずは新生姜のサンドから。パンの間に具材がギッシリと詰まっている。これぞ、萌え断!


豚肉は豚しゃぶみたいに白いけど、食べるとしっかり生姜焼きだ。豚肉の旨味とさわやかな生姜の風味が香る。岩下の新生姜のガリリとした歯ざわりがアクセントになって食べ応えがある


生姜焼きなのに油っぽくないのがいいね。肉感は強いのに、さっぱりと食べられる一品だ。


・天ぷらそばサンド

そして今日の主役、天ぷらそばサンド。かき揚げに海老天、そして麺を目視で確認できる。こりゃ、異物感のあるサンドイッチなんじゃないのかい?


七味と紅しょうがネギも入っている。かなりそばに寄せている気がするんだが、サンドとして成立しているのか?


食べるとその警戒心は無意味だった。異物感ゼロ! パンとそばが調和して味が一体になっている。食感を邪魔するものはひとつとして感じない。時折遭遇する天ぷらのサクっとした噛み応えが心地よくて美味い。こんなに自然に和食とパンを調和させることができるなんて驚きだ!


お店の方に話を聞くと、商品開発の段階でいろいろと試行錯誤を繰り返したそうだ。そばの食感に合うパンを求めて試作を重ねった結果、このパンに行きついたのだとか。


・かつやの元社長プロデュース

ちなみにこのお店、「かつや」の元社長臼井健一郎氏が代表と務める「株式会社 U.RAKATA」がプロデュースしているとのこと。もしかすると、かつやで培った哲学がメニューにも反映されているのかも。

とにかく天ぷらそばサンドは、和食 × パンの新しい形だ。今後の新商品にも期待したい。


・今回訪問した店舗の情報

店名 ツクモサンドイッチ
住所 東京都台東区西浅草2-14-16
時間 11:00~21:00

参考リンク:PRTIMES
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24