2020年、私(佐藤)は随分たくさんの肉を食った。ステーキ・焼肉・ハンバーグ・ハンバーガーなどなど、あらゆる肉に元気をもらった1年だった。その締めくくりにステーキサンドを食いたい気分になった。最後はやっぱりステーキサンドだよなあ……ということで! 最近ニュースで話題になった銀座のお店に行くことにした。

そのお店「銀座ひらやま」はコース料理を提供している高級ステーキ店で、テイクアウトにも対応しているとのことだった。そこで実際に高級ステーキサンドを買ってみた!! 税込8640円のステーキサンドだよ、美味くない訳がないだろっ! マジでうめぇええええええ!!

・テイクアウトでステーキサンド

このお店は最近会食で話題になったらしい。一緒に食事に行ってくれる友達のいない私は、そもそも会食で利用できない。それはさておき、お店に電話をしてテイクアウトでステーキサンドをお願いした。訪問30分前に電話したところ、受け答えが大変丁寧でこちらが恐縮してしまったほど。さすが名店と言われるだけある。


同じようにテイクアウトで利用したい人は、必ずお店に電話をした方が良い。その方がスムーズに受け取ることができるからだ。なお、時間を指定すれば、ランチ・ディナーの時間を問わず対応してくれるそう。詳しくはお店に尋ねて欲しい。


・美しい肉

商品を受け取ると、持ち帰りの袋にまず驚いた! まるで高級ブティックみたいだ。今まで、こんなに立派な袋でサンドイッチを持ち帰ったことがないぞ。


中身は木箱! 8640円ともなると、サンドイッチもいとウヤウヤしく包んでもらえるんだな。スゴイ!!


フタを開けると……キターーーッ!! 美しい肉の断面!


・肉とパンの境目がわからない

こんなに素晴らしいサンドイッチを、いつまでも狭い木箱に閉じ込めておくのは申し訳ない。ということで、急いで平皿に移し替えた。


肉の厚さは推定1.5センチ。通常サンドイッチは、コース料理のお土産なのだとか。それを持ち帰ることができるなんて、ちょっと得した気分。さて、食うぞ! 俺は8640円のステーキサンドを食うぞ、ジョジョーーーッ!!!!


ひと切れ口に放り込むと、まず肉の柔らかさに戸惑ってしまった。一般的に、肉と食パンでは硬さが違うので、「パンのゾーン」から「肉のゾーン」に到達したら食感の違いで分かるもの。だが、これは分からない。いつ肉に到達したのか気づかないうちに、サンドイッチを噛み切ってしまう。そして口の中には肉の味。肉が柔らかすぎるのだ。

さすが高級ステーキサンドである。いまだかつて味わったことのない食感に感動し、値段の重さを噛みしめながらしっかりと食べた。ああ~、今年はいろんな肉を食べてきたけど、コレを “肉納め” にしてよかった。ありがとう、2020年……。というわけで、2020年の良き思い出に銀座ひらやまのステーキサンドはオススメだ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 銀座ひらやま
住所 東京都中央区銀座7丁目17-1
時間 11:30~14:00 / 17:30~23:00
定休日 日曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24