ちょっ! 刺さる刺さる!! 「天ぷらそばです」と店員さんが持って来たのは刺さりそうな物体だった。天ぷらそばが刺さると言うと、「心に刺さる」的な例えとして捉える人もいるかもしれないが、浅草『尾張屋』の天ぷらそばは、マジで物理的に刺さりそうな代物なのである。ヤバすぎィィィイイイ

・漂うガチオーラ

浅草雷門通りにあるそば屋『尾張屋 本店』。何度か前を通ったことはあるが入ったことはなかった。店内の見えない引き戸の扉が、フラッと入りにくいオーラを醸し出しているのである。「ウチはガチやで」的な。

・サンプル詐欺疑惑

まあでも、店内が見えないということは、店内からもこちらが見えにくいということだ。つまり、軒先のショーケースは気兼ねなく見ることができる。そこでショーケースに飾られたメニューを見てみたところ……


上天ぷらそば2400円……!

2400円の天ぷらそばって一体どんな代物なのか。ショーケースに飾られているサンプルでは太い海老天が丼から突き出しているが、これ丼と天ぷらのサイズ比率間違えてない? このサイズ感はさすがに盛りすぎな気がする。そこでサンプル詐欺を暴くため入店してみた。

・実物の衝撃

店内は机が整然と並ぶ街の食堂的な雰囲気で外見ほどの高級感はない。昼時だけど先客は1人で、サンプル詐欺疑惑が加速する。はたして、どんなガッカリ天ぷらそばが出てくるのか? 上天ぷらそばください! そして数分後……


店員さん「天ぷらそばお待ちどおさまです!」


えっ……!


海老ヤバイッ!!!

そばに乗った2本の海老天が丼に収まりきらずに突き出していて刺さりそうだ。なおかつ、2本で丼を覆ってしまうくらい太い。全然サンプル詐欺じゃなかった! むしろ、サンプルよりヤバイ!! これは本当に海老天なのか? 思わずかじりついた!

ヤバイヤバイヤバイ!! コク深いそばつゆが衣から「じゅわぁ……」と染み出して、口の中で「ブリンッ!」とした食感が弾けるゥゥゥウウウ! めちゃくちゃウメェーーーーーー!!

・ちょっと良いもん食べたい時リストに

サクッと揚げられた分厚い身が詰まった海老天は、濃厚な味で、それだけでお腹がいっぱいになりそうなボリューム感がある。そのため、途中で飽きるかと思ったが、極細のそばがのどをスッキリさせてくれるためグイグイ食べきってしまった。

View this post on Instagram

ヤバイ天ぷらそばを食べました

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on


というわけで、マジでガチだった浅草『尾張屋 本店』。外見のオーラは伊達じゃないというわけか。お安くはないため、気軽に来るような店ではないが、「ちょっと良いもん食べたい時リスト」にはランクイン必至である。あ~ヤバかった

・今回紹介した店舗の情報

店名 尾張屋 本店
住所 東京都台東区浅草1-7-1
営業時間 11:30~20:30
定休日 金曜日

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.