場地(ばじ)さーーーーーん! 2021年9月4日にテレビの前でその名前を叫んだ人は全国に5000万人くらいいるに違いない。何の話かってアニメ『東京リベンジャーズ』の話に決まっている。最新話の第23話はこれまでの暗い雰囲気を払拭するような明るい話であったが、私(中澤)は完全に場地ロスだ

そんな9月13日、東京駅で『東京リベンジャーズ』の都道府県別ポスターの掲出が開始された。東リベの各キャラが方言を話しているこのポスターは全47種類。ファンとしては自分の地元が誰なのか気になるところだろう。そこで現地にて全パターンを確認してみた

・どさくさに紛れる場地さん

前述の通り、現状私の推しは完全に場地さんだが、東リベのキャラなら誰であっても嬉しい気がする。それこそ稀咲鉄太(きさきてつた)でも結構嬉しい。場地さんは神すぎるので恐れ多いとして、ドラケン、マイキー、三ツ谷などの東京卍會創設メンバーがSSRという感じだろうか。

山手線で東京駅に着くと、さっそくホームから降りる階段にポスターが掲出されていた。一番上は徳島で、絵柄は抗争「血のハロウィン」で稀咲を襲撃する場地さん。どさくさに紛れて後ろから鉄パイプで殴りかかる場地さんかっけえ。ちなみに、セリフは「ほれはカボスちゃうんじょ! スダチじゃ!!」となっている。

・掲出場所

ザッと見たところ、どうやら、ポスターは主に中央通路からの階段の壁に掲出されている様子。3・4番線、5・6番線、7・8番線、9・10番線の中央通路からの階段に集中して掲出されていた。


ただし、佐賀県と北海道に関しては、3・4番線と5・6番線の間にある地下への階段の両脇に掲出されているので気をつけろ。

・出身地のキャラを確認してみた

なお、場地さんのピンショットは福島県のみであった。セリフは「ラーメン食うなら締めじゃねくって、“朝” だっぺよ」である。これは稀咲が3番隊隊長になった集会で、壱番隊隊長なのに東京卍會を辞める時の場地さんだ。狂犬の場地さんもかっこいい


さて置き、私の出身地である大阪が誰だったかと言うと……


千冬

マジかよ……ある意味、場地さんが出てくるよりも嬉しいかもしれない。壱番隊副隊長であり場地さんをリスペクトしている千冬は、場地ファンにとって最も心が近いキャラと言えるだろう。個人的には激アツだった。

・東京のポスター

そんな感じで47種類あるこのポスターだが、「東京」と書かれたポスターだけはない。これについて講談社に聞いてみたところ、「日本リベンジャーズ」の全員集合ポスターがそれにあたるそうだ。

ちなみに、本広告は、2021年9月17日に発売される最新コミックス24巻のもの。これに伴い、期間中にTwitterで「#オレの地元が最強」と呟くと特製プレゼントが当たるというキャンペーンも開催されている。

特賞「日本リベンジャーズ」B0ポスター1名と副賞「日本リベンジャーズ」都道府県特製B2ポスター47名(都道府県はランダム)で、9月30日23時59分まで1人何度でも参加可能とのことなのでファンは要チェックだ。

参考リンク:日本リベンジャーズ
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼日本リベンジャーズ47種類のポスターは以下の通り