1000円でべろべろに酔える「せんべろ」には喜びと感動と驚きが詰まっている。なぜなら限られた予算をやりくりしてどう美味しく酔うか? これを考えるのはゲームの攻略に似ているからだ。

そんな訳で私(佐藤)は総合ディスカウントストアの「MEGAドン・キホーテ新三郷店」にやってきた。きっとドンキなら私の欲求を満たしてくれる最高のせんべろを実現してくれるはず。

そう期待しつつ挑戦してみたら、出来立ての握り寿司を食べることができてしまった! せんべろ最高!!

・MEGAドンキでせんべろ

前回、業務スーパーでせんべろに挑んだところ、たったの1000円で豪快な鍋を食うことができた。はたしてドンキはどうだろうか?

最近のドンキの食品の充実ぶりはかなりのものだ。大型スーパーに匹敵する勢い、いやもしかしたら超えてきているのかもしれない。品数豊富で値段もリーズナブル、厳しい消費者を納得させるレベルに達している。


さて、今回税別1000円以内で購入した商品を順番に紹介していこう! まずは酒だ!!


■ストロング チューハイタイム2本(レモンとドライ 350ml 各税別78円:アルコール)


■割るサワー梅しそ(税別30円)


■本格白菜キムチ(税別100円)


■韓国味付け海苔3パック1組(税別98円)


■おろしにんにく1キロ(税別150円)


■バナナ牛乳風プリン2個(1個税別20円)


■生食用水だこ(半額税別172円)


■大人のカニカマ(税別100円)


そしてMEGAドンキ新三郷名物の「ただの酢飯!」(税別150円)


握り寿司だけどネタがのってねぇえええええ!!


以上11点、合計金額税込1076円!! 予算内でこれだけ買うことができた。


よ~し、これで握り寿司を作っちゃうぞ~!! ドンキの商品で挑む「せんべろ寿司」の調理のプロセスは次のページで紹介しよう!

執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24