冬になると我が家の石油ストーブの上には、必ずと言ってよいほど芋焼き器が乗っていた。主に父が率先して、芋を蒸かしていたように思う。各々小腹が空けば、その中から芋を取り出して適当につまんでいた。

いくら食べても食べ飽きることなく、私たちの暮らしのそばにある焼き芋。大好きだ!! さて。そんな芋をちょっと大人な味にグレードアップさせる方法を、ニッカウヰスキーの公式ツイッターで知った記者。試してみるしかない……! 

・ウイスキーをかけてレンチン

ニッカウヰスキーが言うのだから、そりゃあそうだであるが、ウイスキーを使った食べ方だ。その名も “ウイスキー薫る焼き芋” という。焼き芋にウイスキーを振りかけて、レンチンするのだ。

いそいそとドン・キホーテで焼き芋を買い、いざ実践! 余談だが、ドンキで売っている焼き芋はマジで美味しいから。食べたことがない人は騙されたと思って、一度買ってみるべし。それじゃ、やってみよ~!! 

【材料】

焼き芋:1本
ウイスキー:20ml

【作り方】

1.焼き芋を割って、ウイスキーを回しかける。


2.ラップをせずにレンチン。芋から湯気が出て来たくらいで止めて完成。


・ちょびちょびツマんで

ご覧の通り、とっても簡単だ。レンチンする時間が悩みどころであるが、そのへんは好みで調整すると良いだろう。レンジから取り出すと、ふわりとウイスキーの香りが漂う。この香り好きだなあ、落ち着く。

食べてみると……なるほどね! ウイスキー好きにとっては、クセになりかねない味だ。レンチンしたことでウイスキーのツンとした部分が削がれて、まろやか。そして、そのまろやかウイスキーが芋の甘みに、じんわり溶け込んでいる。

味としては芋の主張が強いが、そこに香りとしてウイスキーが加わったとイメージしてほしい。舌で感じるのは芋の旨味、鼻から抜けるのはウイスキーの香り。バーのメニューにあっても驚かないレベルだ。

これはバクバクいくのでなく、ウイスキーを飲みながらちょびちょびツマムのがベストと言える。酒が苦手な人にはオススメできないが、そうでなければ試してみる価値は大アリだ。

嬉しいことに、さして手間もかからない。焼き芋とウイスキーが手元にあるぞという人は、是非お試しあれ! バターをちょこんと乗っけても美味しそうだぞ。

参考リンク:Twitter @nikka_jp
執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼焼き芋にウイスキーをかけるだけ

▼芋を割ってウイスキーをかけて

▼チンして

▼終わり! 

▼酒のアテにチビチビ食べるのがオススメ

▼美味しい~! 香りが良い