GoToトラベルキャンペーンなどもあり、外に出ても良いよという空気が高まっている。そうは言うものの、もとより引きこもり気味の記者は、完全に外に出るタイミングを逸している次第。お外……怖くない? 

とまあ、記者のようにコロナ禍を機に出不精が加速している人も一定数いることだろう。そんなあなたにススメたいのが『全国のソウルアイス厳選セット』だ。家に居ながらにして、各地域のいちおしアイスが食べられちゃうYO!!

・選ばれし全国のアイス

『全国のソウルアイス厳選セット』はその名の通り、恐らくその地域に縁のある人にとっては非常にアツいであろう、選ばれしアイスが詰まったセットだ。北は北海道から南は九州まで、トータルで16種ものアイスが入っている。

アイスクリーム専門通販 “房蔵總本舗” にて税込4000円で購入することができるぞ。はたしてどんな商品が入っているのか、一気に16種をお伝えしよう。

北海道とうきびアイスモナカ(さくら食品)
ガリっとチュー(サンタのアイス工場)
ビバリッチ(セイヒョー)
もも太郎(セイヒョー)
北海道メロンソフト(セコマ)
ムース(セリア・ロイル)
トラキチ君(竹下製菓)
ブラックモンブラン(竹下製菓)
ミルクック(竹下製菓)
レモン牛乳カップ(フタバ食品)
龍馬の海あいすくりん(松崎冷菓工業)
アイスキャンデー・抹茶(北極)
アイスキャンデー・ミックスジュース
アイスキャンデー・ミルク風味
グリーンソフト(玉林園)
ババヘラ盛りカップ(児玉冷菓)


・ワクワクするラインアップ

読者のみなさんも、その名前だけでテンションの上がるアイスがひとつくらいはあることだろう。大き目の発泡スチロールに入れられ、それらアイスは我が家に届いた。

箱を開けるとアラ幸せ! モリモリだ~~!! 噂には聞いたことがあるもののはじめて目にする姿もあり、ワクワクが止まらない。

取りあえず九州出身の記者にとって馴染み深い「ブラックモンブラン」をかじりつつ、ひとつひとつ眺めてみることにしよう。しかしアレだな、なにはさて置きブラックモンブランはウマいな……。

このカリカリ食感のクランチとチョコの歯ごたえが良いし、中のバニラアイスがあっさり目である点もちょうど良い。事あるごとに言っているのだが、一刻も早く全国で販売されることを願ってやまない。

そのほか記者が子どものころ、小学校の給食でたびたび出ていた「ムース」入っている。このムース、余りがあるとクラスで争奪戦が起きていたなあ。などと、懐かしい記憶がよみがえったりする。

また秋田名物の「ババヘラ盛りカップ」は華やかだし、和歌山の「グリーンソフト」も素朴で愛らしい。以前何かで秋田のバハヘラの作り方を見たことがあるが、実際目の当たりにすると、結構感動ものだ。

これはその地域に縁があってもなくとも、間違いなくテンションが上がる代物ばかりだ。1日1個食べたとして、半月以上は楽しめるのだから、なかなかにしてお値打ち品である。

なんとなく、全国各地を旅したような気も味わうことができて良し。冷凍庫に空きスペースを作り、16種類のアイスをお迎えすると途端にハッピーになれることを保証するぞ。

参考リンク:房蔵總本舗「全国のソウルアイス厳選セット」
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼全国各地のアイスが一堂に我が家に会する! 

▼北海道とうきびアイスモナカ(さくら食品)

▼ガリっとチュー(サンタのアイス工場)

▼ビバリッチ(セイヒョー)

▼もも太郎(セイヒョー)

▼北海道メロンソフト(セコマ)

▼ムース(セリア・ロイル)

▼トラキチ君(竹下製菓)

▼ブラックモンブラン・ミルクック(竹下製菓)

▼当たった

▼レモン牛乳カップ(フタバ食品)

▼龍馬の海あいすくりん(松崎冷菓工業)

▼アイスキャンデー(北極)

▼グリーンソフト(玉林園)

▼どれもこれも美味しかったです