日本最古のハンバーガーショップ・ドムドムハンバーガー。何かと本場の外資系に押されがちなハンバーガー業界だが、ドムドムの丁寧なハンバーガーは、未来の子供たちに残したいものの1つだと私(中澤)は考えている。とは言え、近場にないのでなかなか行けなかったわけだが……

なんと2020年9月19日、浅草花やしきにドムドムハンバーガーがオープンするというではないか! さっそく、プレオープンの9月17日に取材に伺ったところ、いくつか朗報が判明したためお伝えしたい

・デリバリー開始予定

まず、遊園地である「花やしき」にオープンと聞いて、園内でしか食べられないと思った人もいるかもしれないが、ドムドムハンバーガー浅草花やしき店は園外からも購入可能! 花やしきの中はもちろん、外の花やしき通りにも窓口が開いているのである。

さらに、広報に確認したところ、デリバリーも開始する予定しているという。話を伺った9月17日時点では「10月中頃から11月くらいに開始できれば……」とのことだった。

・定番から攻めまで

個人的には、これだけで浅草の食事情を塗り替えかねないほどのインパクトだと思う。なにせ、ドムドムハンバーガーと言えば、「ビッグドム(税込500円)」が定番の味として君臨しているのは言うまでもなく……

「丸ごと!!カニバーガー(税込990円)」のようにハチャメチャに特攻むこともいとわない懐の深さを持っているのだ。それにしても、ソフトシェルを丸々1匹使ったその見た目にヤケクソ感すら漂う「丸ごと!!カニバーガー」。開発者は失恋でもしたのだろうか

・激ウマ限定メニューも

さて置き、メニューを見てみると、ファンならお馴染みのハンバーガーの他に店舗限定メニューが2つあることに気づくはずだ。「浅草コロッケバーガー(税込350円)」と「ビッグドムてりやき(税込450円)」である。

浅草花やしき店限定のこの2つ。私が特に衝撃を受けたのは、てりやきパティが2段になった「ビッグドムてりやき」だ。食べる前からウマイだろうとは思っていたが、たっぷり塗られたてりやきソースとマヨネーズに負けない肉の旨み豊かなパティが想像を超えてきた。激ウマァァァアアア!

正直、全てりやき好きに食べてもらいたいレベルである。しかし、なんで浅草の店舗限定メニューがビッグドムてりやきなのだろうか? 疑問に思ったので商品開発の浅田さんに話を伺ってみた

浅田さん「花やしきには和のテイストがあるため、オリジナルメニューにも和を感じさせるものをと考えていました。そこでドムドムハンバーガーの定番人気メニューであるビッグドムを和風のてりやき味にしてみたんです」


──とのこと。2段てりやきだがハンバーガーの作りが丁寧なためか食べやすい。これで450円は普通に高コスパである。

・もう1つの限定メニュー

また、「浅草コロッケバーガー」を食べてみると、ザクザクとした衣とシャキシャキのキャベツの中から肉の旨みが強いじゃがいもがなめらかに広がった。ただのコロッケパンかと思いきや、侮れないウマさである

しかし、コロッケバーガーなら他の店舗にもあったはずだ。浅草コロッケバーガーと言うけれど何が違うのだろうか


浅田さん「浅草コロッケバーガーは使用されている牛肉が黒毛和牛で、他の店舗のコロッケバーガーは普通の牛肉です。あと、他店のコロッケバーガーはコロッケだけなので、キャベツが入ってるのも違いですかね」


──なんで黒毛和牛なんでしょうか?


浅田さん「和を感じさせる素材の中で、黒豚なども色々試してみて、一番肉の個性が立ってハンバーガーの味にしっくり来たのが黒毛和牛だったんです

──確かにコロッケは大分ウマイし、キャベツも良い仕事をしている。黒毛和牛を使っていて350円と安めの価格設定も魅力だ

今のところ他店よりもメニュー数は少ないが、少数精鋭感のあるメニューを展開する浅草花やしき店。浅草近辺に住む私としてはデリバリーが開始されたらガチで食のローテーションが変わりそう。群雄割拠の浅草グルメに割って入るか。頑張れドムドムハンバーガー。未来の子供たちのために。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.