2020年8月4日、東京・渋谷の「MIYASHITA PARK」にめっちゃ面白そうなお店がオープンした! ネスレの『キットカットショコラトリー』だ。従来の店舗と違って、ここはなんと! キットカットを自作できちゃう世界初のお店なんだよ!! マジかよ、オリジナルで作れるなんてなんかいいじゃん! 楽しそうっ。ということで実際に体験したら、やっぱり楽しかった!

・お店で体験申し込みをする必要がある

お店はMIYASHITA PARKの3階にある。オープン初日の11時から自作体験の受付を開始していた。13時頃にお店に到着すると、体験は15時半からとのこと。一度に参加できる人数は限られているため、体験したいという人は時間に余裕を持って訪ねた方が良いだろう。料金は2160円(当日有効1ドリンクチケット付き)前払いだ。


・好きなトッピングを選ぶ

体験時間になってお店を訪ねた。カウンターには製菓用の道具が並べられている。ウヒョー! なんか面白そう!! お菓子作りに縁のない私のようなオッサンでもワクワクしてしまう。どんなヤツを作ってやろうかな~!


体験前に、まずはオーダー表を記入する。使用するチョコレートをビター・ミルク・ルビーの3種から選び、次に17種類のトッピングが4つを選択。最後にラッピング用の箱を6種類のなかから1つ選ぶことになる。そして、手指消毒をしてゴム手袋を装着、いよいよ体験開始だ!


・1番難しいのはウエハースのカット

お菓子を作ったことがない人は「自分には難しい……」と思うかもしれない。しかしご安心を! スタッフがお手本を見せて丁寧に教えてくれるので、迷うことは一切ないぞ。まず最初にウエハースが配られ、これを縦4分の1にカットする。全体の工程でここが1番難しい。崩れやすいので慎重にカットしよう。


次に自分が選んだトッピングが配られるので、好みのサイズに切り分ける。カットしないのもアリだ。だって、オリジナルなんだから! ただしあまりデカいとチョコを包装できなくなってしまうので注意。


・チョコレートを流し込む

ここからは手際よく行こう! チョコレートを型に流し込み、一気に仕上げにかかる。ゆっくりやっているとチョコが固まってしまうので、焦らず急いで!! まず、ペースト状のチョコレートを型の隅々までムラなく流し込む。



続いてカットしたウエハースを、型のへこみに沿って均等に並べる。そしてそのままギュッ! と押し込む。すると、チョコがあふれてくるので、パレットナイフで表面を平らにならす。これでキットカットの “基礎部分” の完成だ。



最後にトッピングを好きなように散りばめる。ここが1番センスの問われるところだ。見映えと食感、その両立を目指して、イイ感じにトッピングを配置しよう。


体験はここで終了。このあと30分間冷やし固める時間に入るので、引換券を受け取って、一度お店を離れることになる。


・佐藤作「ひと夏の思い出」

そうして出来上がったのがコレ! テーマは「ひと夏の思い出」だったんだけど、どうですか?


我ながら、武骨なチョコレートである。砂浜でのアバンチュールを表現したつもりだったが、砂利道に咲く哀れな花みたいになってしまった……


今回は反省の残る出来栄えだったので、あらためてチャレンジしたいと思う。お菓子作りが得意な人も、そうでない人も1度体験してみてはいかがだろうか。世界に2つとないマイキットカット、贈り物にしても喜ばれるかも! MIYASHITA PARKを訪ねる際には、チェックしてみて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 キットカット ショコラトリー ミヤシタパーク渋谷店
住所 東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号 MIYASHITAPARK South2階
時間 11:00~21:00
※新型コロナウイルスの影響により営業時間が変更になる場合有り

参照元:キットカット ショコラトリー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24