達人が行う “まるでパフォーマンスのようなトレーニング” が好きだ。たとえば、ロッキーの「冷凍庫で生肉を殴る練習」や、ブルース・リーの「ドラゴンフラッグ」と呼ばれる腹筋トレーニングに昔から憧れを抱いている。

そして先日、SNSで見かけて「おっ!」と思ったのが “チェコの怪鳥” の異名を持つ総合格闘家、イリー・プロハースカ選手のトレーニング。「パンチングボール」なるアイテムを用いたトレーニングなのだが……ちょっとできそうな気がしたのでやってみたぞ!

・パンチングボール

ちなみにイリー・プロハースカ選手とは、日本の総合格闘技団体「RIZIN」の元ライトヘビー級王者。宮本武蔵の『五輪書』を愛する超攻撃型のファイターである。そんな彼がSNSで披露していたのが、パンチングボールを使ったかっこいいトレーニングだ。

パンチングボールといえば、ボクサーがリズムよく連打する「水滴みたいな形のボール」が有名。しかし、彼が使っていたのは “頭に装着するタイプ” のパンチングボール。使い方は後述するとして、調べてみたら、彼以外にも多くのファイターがSNSで華麗なパフォーマンスを披露していた。

つまり……できたら最高にカッコイイトレーニングなのだ。しかも、なんかちょっとできそうだし、楽しそう。ってことで、さっそくAmazonで1セット購入した次第。税込1299円だったぞ(2020年7月13日時点)。

使い方は簡単。ヘッドバンドを装着して、ゴムひもの先端に付いているボールを殴る。んで、跳ね返ってきたボールをまた殴る……続けば続くほどカッコイイ、以上だ。

・やってみた

とはいえ、初心者同士の卓球のラリーのように「続けること」を目的とせずに、殺気立ったスマッシュの連打を華麗にさばきたい。動体視力と反射神経が鍛えられるので、あらゆるスポーツ種目のパフォーマンス向上が期待できそうだ。実際にやってみると……

激ムズ。

カッコイイどころか……

死ぬほどダサい。


・披露するのが早過ぎました

怖くて強く叩けないうえに、腰が引けている。ウソだろおい。想像以上に難しいとはいえ、ゴムボール相手にビビってんじゃねえぞ。ちょこんと叩いてんじゃねえぞ……でもまあ、けっこう楽しい。サッカーのリフティングと同じで「続ける気持ち良さ」はある。

やはり、パフォーマンスのように見えるカッコイイトレーニングは、達人が軽々しく行うからクールなのだろう。ド素人の私が披露するのは早かったようだ。同トレーニングに興味のある方は、家で練習を積み重ねてから披露することをオススメする。また機会があれば、達人たちのトレーニングを紹介したい。

参考リンク:Amazon「パンチングボール」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼イリー・プロハースカ選手

▼地獄のようなダサさ……