平成最後。この言葉で次の時代を意識する人もいれば、時代の終わりを感じる人もいるだろう。平成の歌姫・安室奈美恵さんの引退は象徴的な出来事だった。立ち食いそば界においてもそんな巨星が落ちる

その名も水道橋『とんがらし』だ。平成7年に開店し、アイドル的人気を築いたこの店が閉店するという。そこでお別れに行ってみたところ……別れを惜しむファンでごった返していた! よっしゃお前ら!! ラストダンスとしゃれこもうぜ!

・地位を確立した代表作

前述の通り、水道橋でアイドル的人気を誇るこのそば屋。中でも、その地位を確立したのは「もりあわせそば(税込550円)」だろう

そばが見えないほど丼を埋め尽くす天ぷらは全て揚げたて! 海老なんて3匹も乗っており(なす無しの場合4匹)、その姿はまるで天丼である。安室奈美恵さんの曲で言うと『CAN YOU CELEBRATE?』レベルの代表作だ

・もりあわせそばよ永遠に

ラストダンスに集まった男たちも、軒並み「もりあわせそば」を注文していく。やっぱり『とんがらし』と言えばこのそば。注文を受けてから天ぷらを揚げるため多少時間はかかるがそれでも食べたい。私(中澤)はナス天入りを注文。

山のような天ぷらでも胃もたれしないのはサクッと軽い揚げ心地の賜物か。渋めのつゆの味と合わさると、そばの味の輪郭がよりハッキリと感じられるようである。

ウマイ……相変わらずアイドル的な派手さとウマさが共存したそばだ。立ち食いそば放浪記の初期に読者のタレコミで出会ったこのそば屋。あれから色んなことがあったなあ。遠かった怖かったでも、時に素晴らしい夜もあった笑顔もあった。どうしようもない風に吹かれて生きてる今、これでもまだ悪くはないよね。

想い出からほんの少し抜け出せずにたたずんでる訳もなくて涙あふれ笑顔こぼれずにはいられない味である

なお、現在ラストダンス真っ最中であるこの店。営業は、2019年の3・4月までを予定しているという。

色んなことに区切りがついてしまう平成の終わり。しかし、この店の味と存在はファンの心に生き続けることだろう。永遠っていう言葉なんて知らなかったよね。We will love とんがらし。

・今回紹介した店舗の情報

店名 とんがらし
住所 東京都千代田区三崎町3-2-10
営業時間 月~木 11:15~15:45、17:10~19:00 / 金 11:15~15:45 / 土 11:20~14:20
定休日 日曜日

Report:立ち食いそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

立ち食いそば放浪記第9回目の「とんがらし」レポート。初期の記事は読み返すと恥ずかしい。