アカン、猫飼いたい。めっちゃ猫飼いたい。保護猫とか引き取って温かい寝床で惰眠を貪らせてやりたい。けど住んでるマンションはペット禁止だし、日中留守にする間はやはり心配だ。でもめっっちゃ猫飼いたい。そんな時、革命的なアイデアを閃いてしまった。

ネットで話題になっている日本初の猫専用こたつを部屋に置けば、猫を飼っている気分になれるのではないか? 天才である。天才の発想である。売り上げの2%が保護猫のために寄付されるらしいので一石二鳥だ。とうとう私(あひるねこ)の元に、猫がやって来るぞ……!

・猫専用こたつ

和歌山グルメを扱うネットショップ「チキンナカタ」にて、日本初となる猫専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん。」が発売されている。「猫専用こたつ」とかいう響きだけで激カワイイ萌えワードに一発KOされた私は、愛猫不在ではあるが、とりあえず買ってみることにした。

・こたつとみかん

届いたみかん箱には可愛らしい猫のイラストが描かれている。ちなみにお値段は税抜3922円(さんきゅーにゃんにゃん)。マジかよ、金額までカワイイにゃ。さっそく開けてみると……


有田みかんが5キロ!


甘くておいしいにゃ~。

なんて言ってる場合じゃなかった。私の目的はこっち。猫専用こたつだ! 段ボール製の組み立て式となっており、まず足を差し込んでから……。

そこに布や布団をかける。こたつ布団は同封されていないので自分で用意しよう。本当は和柄がいいんだけど、持ち合わせがなかったためブランケットで代用した。あとは天板とみかんをのせれば……


完成である!


人間が使うにはだいぶ小さいが……


少し離れて見ると……


いる!

この部屋には……猫が住んでいる!!

にゃぁぁぁぁぁあああああん!


猫ちゃんどこでちゅか~?


こたつの中でちゅか~?


それともこっちかにゃ~?


この中でちゅかにゃ~?

かにゃ~?


…………。


虚しい。

・現実

最初は天才の発想と信じて疑わなかったが、実際にやってみた結果、残念ながらそこには虚無しかなかった。やはり猫専用こたつは猫に使ってもらわないと意味がないのだ。というわけで、自宅でにゃんこを飼っている編集部・和才にこたつを託すことに。

こたつだって猫が入ってくれた方が幸せに違いない。ちょっとだけでも夢見させてくれてありがとよ……。じゃあな!


──その夜、和才宅にて。


あら~、お家にこたつ来たんでちゅか~。


気になりまちゅね~。


気になっちゃいまちゅね~。



いや無視かーーーーーい!


・まさかのガン無視

和才によると、にゃんこはこたつに一定の興味は示したものの、中に入ることは結局なかったという。なんならこたつの隣でこれ見よがしに眠り出す始末で、THE 猫とでも言うべきフリーダムぶりを まざまざと見せつけたのだった。しかし、それでもカワイイんだから困った生き物である。

・SNSに投稿すると寄付に

ちなみに、猫とこたつが写った写真や動画に『 #猫とこたつと思い出みかん』のハッシュタグを付けて Instagramか Twitterに投稿すると、一つの投稿につき2円が保護猫活動に寄付されるそうだ。購入者じゃなくても猫好きなら誰でもOKとのことなので、皆さんにはこの機会にぜひともお願いしたい。

結局のところ、私は猫を飼っている気分になれたのか? 答えはNOである。先述の通りそこには虚無しかなかった。だがしかし、おいしいみかんが手に入ったし売上の一部も寄付されるのだから、今回はそれだけで十分ではなかろうか。願わくば、世界中の猫たちに幸あれ。

参考リンク:チキンナカタ「猫と、こたつと、思い出みかん。」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼いつか入ってくれるかな。