渋沢栄一って誰やねん。紙幣の刷新で1万円札はこの人の顔になるらしい。新時代の到来を感じさせるニュースだ。春だねえ。

そんな春を感じさせるニュースが京王電鉄から届いた。2019年4月9日、京王電鉄がツバメの巣の下にフン受けを設置することを発表したのである! しかも、新しいデザインの板制作してるゥゥゥウウウ!!

・ほっこり

思えば、ピエール瀧騒動や勝海麻衣さんの盗作騒動など、近頃のニュースは炎上案件が多いような気がする。吹き荒れる言い争いにはもう疲れたよ……そんな時、京王から以下のようなニュースが発表された。


駅のツバメの巣の下にフン受けを設置します

──ファッ!? これがリリース情報だと? 新商品発売などがほとんどの中、ツバメの巣の下にフン受けを設置することをお知らせしてくる京王電鉄がなんか可愛い

しかも、中身を見てみると、今年用に新デザインまで作っているじゃないか。どこまでもガチだ

・毎年作成

2014年から実施しているこの施策。ツバメのフンが客や施設の床に落下することを防ぎ、同時にツバメの住環境にも配慮しての対策なのだという。設置期間はツバメが巣を作る4月~7月頃、駅の形状、 巣の位置などによってはフン受け板を設置できない場合もあるができる限り対応しているようだ。

なお、板のデザインは京王電鉄キャラクターけい太くんと京王線5000系キャラクターしんごくん、そしてツバメの家族があしらわれている。

殺伐としたニュースが飛び交う中、ツバメにガチで向き合う京王電鉄にほっこりした。この板を見かけたら、ヒナ鶏たちを優しく見守ってあげよう。

参照元:京王電鉄(PDF)
執筆:中澤星児