あの角を曲がれば食パンをくわえた女の子とぶつかるかもしれない。曲がり角に思わず期待してしまう男子は、私(中澤)以外にも全国に100万人くらいはいるだろう。

そんなギャルゲー好きに伝えたい。ヴィレッジヴァンガードがリリースしたウェブカメラアプリの存在を。ただの風景が泣きゲーの1シーンに! ヒロイン出現3秒前!!

・サイトにアクセスすることで利用可能

そのアプリの名は「#主人公レンズ WEB版」という。サイトにアクセスすることで使用できるウェブアプリだ。サイトに設置されているカメラで風景を映してみると……

吹き出しが追加された! 内容は、「どいてどいてどいて~!! ぶつかる~っ!!」というまさに食パン女子のベタベタなセリフから、ナレーションまで幅広く種類も豊富である。

なお、「レンズを変える」ボタンでセリフを変えることができ、「写真を撮影する」ボタンで撮影することができる。撮影した画像の保存は、画像を長押しで「イメージを保存」を選択することで可能だ。

・街で撮影してみよう

さっそく、街に出て撮影してみることに。「この街に戻ってきたのは何年ぶりだろう。」……この背景は街中かな。パシャリッ!

うおおおおおおお! 新宿2丁目の街並みが一気に泣きゲーに!! ヤクザに追われる記憶喪失のヒロインが主人公に助けを求めてきそうだ

・泣きゲーと言えば

ただ街を撮っただけでコレとかナレーションの力凄い……。予想以上にときめいていることに自分でもびっくりである。より泣きゲーに寄せた背景だとどうなるのだろうか? 近所の寺で撮影してみた。泣きゲーと言えば寺だろ! パシャッ!!

エモイ! エモすぎる!! 今にも賽銭箱の影からキツネの化身である美少女が現れそうだ。寺の破壊力ヤバイ……。

View this post on Instagram

#主人公レンズ エモい

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

最後に並木道に行ってみた。これもギャルゲーの王道の背景と言えるだろう。陽だまりが牧歌的な雰囲気を漂わせているが、これにナレーションがつくと……

泣ける……。現実と思ってた場所が実は大けがや病気の主人公の夢の世界で、主人公が目覚めると同時に夢の中だけの住人であるヒロインが消えてしまうヤツだ。プレイ1周目のグッドエンド感が半端じゃない。

・シンプルだけど見える景色が変わる

吹き出しとナレーションがつくというシンプルな仕組みだが、予想以上にテンションが上がるこのウェブアプリ。名前に「WEB版」とある通り、ヴィレッジヴァンガードのアクリルキーホルダー「#主人公レンズ(税込648円)」をWEBで体験できる特設サイトとなっている。

何か面白いこと起きないかなあ……。そんな言葉が口癖になっているあなたは、この商品でいつもの風景をときめかせてみるのはいかがだろうか。スマホアプリ版もリリースされないかなあ。

参照元:「#主人公レンズ」特設サイト
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.