キンキンに冷えたレモンサワーは超ウマいが、定番中の定番の味なので、缶酎ハイの新商品が出たとしても別に誰も驚かないだろう……しかし! 世界200以上の国や地域で展開しているコカ・コーラグループが初めて発売するアルコール飲料となれば、話は別のハズだ。

てことで今回ご紹介するのは、2018年5月28日に九州エリア限定で発売開始するコカ・コーラ初の缶酎ハイ「檸檬堂」シリーズ。飲料業界の王者コカ・コーラが作るレモンサワーとは……死ぬほど気になったので、ひと足先に飲んでみたぞ!

・3種類のレモンサワー

あらためて言うまでもないことだが、コカ・コーラ社はこれまで「ジョージア」「綾鷹」「いろはす」などなど、あらゆるジャンルの飲料でベストセラーを生み出してきた。なので今回、満を持して登場した感のある缶酎ハイも、かなり高い完成度で仕上げてきたに違いない。

ちなみに筆者は、発売2日前に福岡市の天神で「檸檬堂」のサンプリングイベントが開催される情報を得ていたので、注目の新商品を味わうためにPR会場へ。日中かなり暑かったこともあり、イベント会場にはかなり大勢の人が……いやいやスゴイな。たしかに何も知らなくても、レモンサワーの無料配布は絶対に嬉しい

檸檬堂のラインアップは「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」の3種類。いずれも350ml缶で、アルコール度数はそれぞれ5%、7%、3%だ。ちなみに希望小売価格は162円。架空のレモンサワー専門店「檸檬堂」がデザインされた渋いパッケージである。

・定番レモンをゲット

さて、イベントでは「3種類の中から、お好みの商品を1本」ということだったので「定番レモン」をゲット。やはりコカ・コーラ社のスタンダードとやらを最初に飲んでおくべきだろう。さっそくプシュッと缶を開けると……はいはいレモンのいい香りがしますね~。それでは飲んでみよう。

お、レモンの果汁感があってめっちゃ上品だな……これ、けっこうウマいぞ。当たり前だが、ジョッキで飲む安いレモンサワーと比べて「時間をかけて丁寧に作りました」感がハンパじゃない。さすがはレモンを丸ごとすりおろしてお酒に漬け込む「前割りレモン製法」である。

また商品とは関係ないが晴れていて最高だった。檸檬堂を家に持ち帰って飲むのもいいが、太陽を浴びながら飲むのがマジでイイのだ。休日の昼時に、ちょっと贅沢なレモンサワーを味わえて大満足。後味が残らず、スッキリと飲めた印象である。やるなコーラ。

ということで、コカ・コーラ初の缶酎ハイ「檸檬堂」は、これまでのベストセラー商品同様、専門店レベルの最高クオリティに仕上げたと言える。個人的には今すぐ全国で販売すべき商品だと思った……が、とりあえずは九州エリア限定なので、気になった方はぜひ九州で味わってみてくれ!

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼アルコール5%の「定番レモン」