冬の心強い味方ダウンジャケット。寒さを完全シャットアウトしてくれる軽い着心地は実用的で、冬の必需品となっている人も多いだろう。ところで、ダウンジャケットってどんな服だったっけ

この質問に、多くの人は、もこもこしていて羽織ればマッチ棒みたいなシルエットになるアレを想像するだろう。だがこの度、そんな常識を覆すダウンジャケットが爆誕したためお伝えしたい。これは現代を生きる人類には早すぎる……。

・常識を覆すダウンジャケット

前述のダウンが発表されたのは、2018年2月20日(現地時間)から開催されたミラノ・コレクションでのこと。ダウンジャケットで知られる『Moncler(モンクレール)』が発表した新デザインが、ダウンジャケットの常識を覆していた


体全体を完全に包む姿はドレスのようだ。腰の下あたりから裾が広がり、足さえも見えない。フードは頭のシルエットが分かるレベルにピッタリで、顔の前面のみが露出している完全防備っぷりにそこはかとなくSF感が漂っている

これはダウンジャケットなのか? しかし、『Moncler(モンクレール)』がダウンジャケットって言うんだからダウンジャケットなのだろう。お洒落なんだろうか? 分からない。が、これだけ覆われていれば温かいことは間違いなさそうだ

2018年から19年の秋冬のアイテムが発表された「ミラノ・コレクション」。来冬にこのアイテムが流行ったらビックリである。

参照元:Instagram @moncler
執筆:中澤星児