今から数年前、ふなっしーやくまモンに代表されるゆるキャラたちが日本中に一大旋風を巻き起こした。その後も ねば~るくんやにゃんごスターがブレイクを果たしているから、ある意味でゆるキャラ文化は完全に定着したと言ってもいいのかもしれない。

そんなゆるキャラ界において現在ジワジワと人気を伸ばしているのが、高知県須崎市の観光大使でコツメカワウソの『ちぃたん☆』だ。YouTubeとTwitterをメインに活動するちぃたん☆からは、ネクストブレイクの気配がぷんぷんと漂っている。

・ややこしい設定

とんでもなく設定(?)がややこしいのでザクっと整理するが、そもそも『ちぃたん☆』は本物のコツメカワウソである。普段は小さなカワウソの姿をしているらしいが、大きくなってみんなに会える姿がゆるキャラの『ちぃたん☆』だということだ。

高知県須崎市観光大使となったのは “普通の契約” らしく、ちぃたん☆自体は「秋葉原出身のコツメカワウソ」だと明かしている。現在は千葉テレビでまさかの冠番組を持つなど、全国ブレイク待ったなしの状況だ。

・Twitterがおもしろい

そんなちぃたん☆の魅力がもっとも引き出されているのが公式Twitterである。手短に投稿された動画の中には2万リツイート以上を記録するものまで存在し、ネットユーザーを中心にジワジワと人気を獲得しているのだ。

人気の投稿に共通するのはズバリ「思い切りの良さ」で、ゆるキャラとは思えぬダイナミックなアクションを披露したツイートはおおむね拡散される傾向にある。ふなっしーもそうであったが「ゆるキャラ + 思い切りの良さ」はある意味で鉄板なのだろう。

・YouTubeはイマイチ

それを裏付けるように、YouYubeでユーチューバー的な企画を披露する動画の再生回数はイマイチ伸びていない。個人的な意見だが「ゆるキャラがいかにもゆるゆるやっている企画」でヒットするのは至難の業と思われる。

とにもかくにも、思い切りの良さにエッジをかければブレイクの可能性も十分秘めているちぃたん☆。全国ブレイクの前にややこしい設定についても頭に入れておこう。

参照元:Twitter @love2chiitan
執筆:P.K.サンジュン

▼Twitterは拡散する理由がよくわかる。

▼YouTubeは正直イマイチ。エッジを磨くポイントを見誤るなよ、ちぃたん☆。