まだまだ外は寒いけど、スターバックスの “さくらの季節” がやってきた!! 本日2018年2月15日は、恒例の「さくらビバレッジ」登場の日。毎年、いろんなさくらを楽しむことができるけど、今回のフラペチーノのテーマは「桜餅」であるそう。

フラペチーノの中にお餅がゴロゴロとかそういうのかな? いろいろ想像して飲んでみたところ……わぁぁぁ、これは予想外! でも完全に桜餅だ。

・スタバ新作、ココが桜餅!

スタバ新作、何がどう桜餅なのか。それは、モチッとした食感、そして桜の香り。この2点に尽きる。春を思わせるミルキーでストロベリーの甘酸っぱい味わいのなかに、時折「モチモチ」とした不思議なものが口の中に飛び込んでくるのだ。

餅というより米粒。モチ米や細かく切った餅? いや、これは和菓子の材料「道明寺粉」を使用したソースである。あの道明寺とか “関西風の桜餅” と呼ばれるお菓子の材料だ。これが「もちフラペチーノ」の「もち」の正体だったのか!

そして豊かな桜の香りは「細かく刻まれた桜の葉の塩漬け」である。ああ、この香りと甘じょっぱさが、桜餅の風味をよりリアルなものに近づけている。アンコこそ入っていないが、完全に道明寺。完全に桜餅なのだ!

・スタバにいることを忘れるほど “和” の味

実は、塩漬けの桜の葉がフラペチーノに入ったのは今回が初めてではない。2016年のさくらビバレッジにも入っており、さらに「苺とさくら」の組み合わせも同じだ。当時も「飲む桜餅」と思ったものである。

だがしかし! 道明寺粉が入り、モチッとした食感もプラスされたことで、和菓子度がさらにアップ。飲んでいるとフラペチーノであることを、ここがスタバであることを忘れるくらいの完成度なのである。

・早期に終了する予感 / なぜなら……

そんな「さくら ストロベリー ピンク もち フラペチーノ」は、Tallサイズのみの展開で価格は580円(税抜)。3月14日までの販売予定だが、売り切れの際は早めに終了することもあるので要注意だ。早期に終わる予感もするなぁ。

というのも、このさくらビバレッジは世界中どこを探しても日本でしか味わうことができない。海外のスタバファンからも注目されており、さくらグッズ&ドリンク目当てでこの時期に来日する外国人もいるくらいなのだ。

ちょうど中華圏の大型連休ともかぶってるしね……とにかく売り切れが予想される「桜餅フラペ」。気になる人は早めにチェックしておこう!

参考リンク:スターバックス
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼2018年スタバのさくらビレッジ、フラペチーノは「桜餅」!

▼ピンク×ホワイトのチョコが桜の花びらみたい

▼スッキリした苺の味わいもいい。和菓子と苺って相性がいいもの!

▼夢中になるウマさ!

▼店内で撮影した写真に限定フレームがかけられる「#sakurasnap2018」もやってました! フレームは全部で60種、お店によって違うらしいよ