うどんといえば、全国的に有名なのは四国の讃岐うどんではないだろうか。コシの強さと喉ごしがその魅力とされている。

最近、東京・高円寺に新しいうどん屋さんがオープンした。そのお店の前に行ってみると、「さぬきうどん」と書いてあるのかと思ったら、なんか違う! 「手抜きうどん」だと!? 一体どのくらい手抜きなのか、たしかめてみた!

・以前は環七沿いにあったような

この看板を私(佐藤)が見かけたのは、初めてのことではない。たしか以前は、同じく高円寺の環七通り沿いに、「手抜きうどん」と立っていたはず。いつかこのうどん屋に行こうと思っていたら、お店は閉店してしまい、看板もいつのまにか撤去されていた。

それから随分経った後に、高円寺パル商店街で再び看板を発見! 2017年11月11日移転してリニューアルオープンを果たしたようだ。お店の名前は「めんこや」というそうだ。ここだけでなく、幡ヶ谷や五反田などにも系列店があるらしい。店前の黒板には、次のように書かれている。

「本日は、めんこや高円寺店にご来店頂きまして誠にありがとうございます。全力の手抜きうどん、蕎麦、定食、おつまみ、お酒 ご用意致しております。心ゆきまでごゆるりとおくつろぎ下さい」(めんこや看板より)

全力で手抜きだと! けしからんッ!! どれだけ手抜きなのか、たしかめてみようじゃないか。場合によっては、一言いわせてもらおうか! という訳で入店してみた。


・武蔵野うどんのお店らしい

メニューを見てみると、どうやら肉汁うどん(890円)がお店の売りらしい。ということは、武蔵野うどんのお店なのか。手抜きというけど、品数は充実しており、うどんやそばだけでなく、おつまみもいろいろそろっている。スタンダードを知りたかったので、肉汁うどんをオーダーした。

うどんは真っ白、艶やかに光沢をおびていて見るからに歯ごたえがありそうだ。つけ汁は出汁が香り立っていて、匂いに食欲をそそられる。手抜きという割りには、見た目だけで十分すぎるほどウマそうだ。


・さらに食いたくなる

うどんを箸でしっかりと一掴みして、色の深い出汁にドロップイン! そしてほど良く出汁の味を麺に吸わせてから、思いっきりズルリとすすり上げる。浸みいるような出汁の味と、うどんのたしかな歯ごたえ。2つのバランスは素晴らしい。食えば食うほど、さらに食いたくなる。そんな印象を受ける美味しいうどんだ。

付け合わせの小皿には、サクラエビを使った天かすが添えられている。これを出汁のなかに入れると、サクサクとした食感とエビの風味がプラスされて、さらにうどんを美味しく味わうことができた。

一体どこが手抜きなのか……。マジで手抜きと勘違いして、客入りに影響がないか、心配になってしまう。

・今回訪問した店舗の情報

店名 めんこや 高円寺店
住所 東京都杉並区高円寺南3丁目46
営業時間 11:00~14:30、18:00~23:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

手抜きうどんが高円寺パル商店街に移転してた!

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on