夜遊びでお洒落なバーやクラブに行く時は、少し派手目のファッションでキメたり、いつもとは違う自分を演出しようとするものだ。

とはいえ、「これはちょっとヤリすぎなんじゃないの!?」と思ってしまうような、‟黒いテープのみ貼り付けたファッション” が、世界中のクラブで流行中だというので紹介したい。そのスタイルが際どすぎて、目のやり場に困ってしまうのである!

・黒のテープのみ貼り付けたファッションが流行中!

英ニュースサイト『Mirror』によると、‟ブラックテープ・プロジェクト” と名付けられた「黒いテープのみ貼り付けるファッション」を仕掛けたのは、米フロリダ州マイアミを拠点に活動するアーティスト、ジョエル・アルヴァレスさんだ。

モデルになった女性達のお胸は、ブラジャーやビキニのトップスを身に着けるかのようにテープで覆われ、脚や肩には模様の形に切った黒のテープが貼り付けられている。素肌に黒のテープで形作られた模様は、ニュージランドのマオリ族のタトゥーを連想させるデザインだ。

・際どすぎて目のやり場に困っちゃう!!


かろうじて、テープで覆われたお胸や下半身の見た目はか~なり際どくて、普通の人なら目のやり場に困ってしまうこと間違いナシである。いやはや、この格好でダンスフロアでガンガンに踊るなんて、どうにも大胆すぎてコメントしようがないではないか。

黒のテープのみを身にまとった女性達は下着を着けているわけでもなく、陰部にはテープが貼られているため、「一体トイレ行く時はどうするんだろう……」と心配してしまうほどである。

・世界各地をツアーして回るほどの人気に!


ジョエルさんが、2年ほど前に始めたブラックテープ・プロジェクトは次第に話題を集め、彼のInstagramのフォロワーは56万人に迫る勢いに!

現在、同プロジェクトはラスベガスやニューヨーク、ヨーロッパ諸国をツアーして回るほどの人気を博しているのだそうだ。

単なる黒いテープがファッションやエンターテイメントになり、ビジネスとして成り立ってしまうとは、どこにアイディアが転がっているか分からないものである。きっと男性は、裸の女性にテープを施すジョエルさんの仕事が、羨ましくて仕方がないのではないだろうか。

参照元:Instagram @thekingoftapeMirror(英語)
執筆:Nekolas

▼一体トイレの時はどうするんだろう……