最近は糖質ゼロのアルコール飲料が発売されるようになり、以前ほど、お酒を飲んでも罪の意識を感じなくなった。しかし、それでもカロリーを摂取していることに変わりはない……。

飲みたいけど、飲んだら罪悪感を感じてしまうアルコールだが、ヨーロッパでビールヨガなるものが誕生し、世界的に広がりつつあるというのだ! なんでも、ビールを飲みながら体を鍛えるらしいのだが、一体どんなエクササイズなのだろうか!?

・ビールヨガって一体何!?

ビールヨガなる奇妙なエクササイズが誕生したのは、ドイツのベルリンだ。そう! ドイツと言えば、なんといってもビールが有名なだけに、ビールヨガの発祥地が首都のベルリンだと聞いて納得である。

なんと、ビールヨガは名前の通り、ビールに舌鼓を打ちながらヨガをするというから驚きだ。ヨガスタジオ ‟BierYoga:ビア・ヨガ” を経営するフラさんとエミリーさんによると、「ビールを飲んで得られる活力と、ヨガによる身体意識が結合すると生き生きとした体験ができる」のだそう。

・ビールをこぼしたくないからポーズに集中出来ちゃう!?

冗談半分でやっているのかと思ったが、どうやら本気のようである。ビア・ヨガのInstagramを見ると、瓶を頭に載せて、飲みかけのビールをこぼさないように両手を広げてバランスを取ったり、脚を複雑に組んで膝にビールを載せたり、上手にビール瓶を使ってポーズを取っている。

美味しいビールをこぼしては勿体ないので、難しいポーズをキメる時にも、いつもよりバランスや動きに気を配って集中できそうである。

・ビールヨガの人気がオーストラリアにも飛び火!

そして、ビールヨガの人気はヨーロッパだけに留まらず、南半球はオーストラリアにまで飛び火し、イベントが開催されているのだそう。同イベントは、「ヨガの経験がなくても、ビールが好きなら誰でもOK」との触れ込みで、敷居が低いので参加しやすそうだ。

いざ、「運動しよう!」と思ったら尻込みしてしまいがちだが、「ビールを飲みながら」というオマケが付くと、俄然やる気が出るのではないだろうか。

ビールが大好きな筆者は、「一滴もこぼしてなるものか……」と物凄い集中力を発揮できそうなので、ビールヨガは向いているかもしれない。

参照元:Instagram @bieryogaMETROMashable(英語)
執筆:Nekolas