「オリンピックには魔物が住んでいる」というが、この度、私たちはその魔物の姿を目にした。そう、リオオリンピックで大会4連覇が期待されていたレスリングの吉田沙保里選手が決勝で敗れたからだ。勝負が決した瞬間から泣き崩れる吉田選手の姿は、多くの人の心を打った。

そんな吉田選手を降したのが、アメリカのヘレン・マルーリス選手だ。「本当に勝ったのか信じられなかった」と話す彼女だったが、吉田選手とは浅からぬ歴史があったようだ。そのことがよく分かる写真をご紹介したい。

・吉田選手を倒すことだけを考えてきた、マルーリス選手

「リオでどうしても金メダルをとる」と心に決めたマルーリス選手は、2年前から吉田選手の研究を始めたそうだ。

『The Washington Post』によると、マルーリス選手はとことん吉田選手について研究を重ね、吉田選手を倒すために自身の弱点を克服。日本語のインタビューを英語に翻訳してまで、彼女の思想を探ってきた。

彼女の個人コーチも、「吉田選手を倒すことだけを考えて、トレーニングを行ってきた」と語っている。その言葉通り、マルーリス選手の Instagram からは、彼女がどれだけ吉田選手を目指してきたかが垣間見られた。

・3年前に一緒に撮った笑顔の写真

今から約3年前の写真。「ジャパン・トレーニング・キャンプ2013( #japantrainingcamp2013)」というハッシュタグからも分かるように、来日したマルーリス選手が写っているのだが、彼女が笑顔で一緒に立っているのはピースサインの吉田選手。仲良く一緒に道場の掃除をしている一場面のようだ。

写真には、マリーウス選手のこんなコメントが付けられている。

「今朝、あの吉田選手と練習することが出来た。(略)最高になりたければ、最高の選手とレスリングしなくちゃね」

・靴を指さして2人ニッコリポーズ!

もう1枚、吉田選手との写真がアップされている。そこには吉田選手の履いた靴を指さす2人が。マルーリス選手は、以下のようにコメントを残している。

「吉田選手に練習のパートナーをお願いしたら、彼女は自分の靴を指さしながらこう返してくれたの。“見て、ジョーダン・バローズ” 」

ちなみに彼女が言う “ジョーダン・バローズ” とは、レスリングのオリンピック・チャンピオンであるジョーダン・バローズ選手のこと。吉田選手は、ジョーダン・バローズモデルのレスリングシューズを履いていたのだ。

他にも、マルーリス選手の Instagram には伊調馨選手や登坂絵莉選手なども登場している。

・決勝前、逃げ出したいと思ったマルーリス選手

実は2週間前、マルーリス選手は「計量に失敗するのではないか」という恐れから、いっそどこかに逃げてしまおうかと夢想したりもしたそう。しかし彼女は吉田選手と闘うこと、そして自分なら勝てるとかつて確信したことを思い出して、再び顔を上げたと語っている。

決勝後、それぞれ別の涙を流した吉田選手とマルーリス選手だが、これまでにも彼女たちの道は何度も交わってきた。リオオリンピック決勝も、その1つのはず。今後も笑顔や涙で2人の関係を深めていってほしい。

参照元:The Washington Post(英語)、Instagram [1][2]
執筆:小千谷サチ

▼伊調選手と一緒のマルーリス選手!

View this post on Instagram

Drake concert

A post shared by Helen Maroulis (@helen_maroulis) on

▼登坂選手も! マルーリス選手経由で、共通の友人に「ハロー」とメッセージを送っているようだ。

View this post on Instagram

@victorialacey found your friend!

A post shared by Helen Maroulis (@helen_maroulis) on

▼他にも美しいマルーリス選手の姿が見られるぞ