スターバックスの常連客は、シロップを追加したりショットの数を増やしたり、こなれた感じでカスタマイズドリンクを注文しているのではないだろうか。

俗に裏メニューと呼ばれるドリンクだが、海外のスタバで、裏メニュー「紫色のドリンク」がネットで話題となっているというので紹介したい。どんな材料が使われているのか気になるが、日本でも注文できるのだろうか!?

・海外のスタバで裏メニュー「紫色のドリンク」が人気に!!

海外でも日本と同じく、スタバ通は裏メニューが大好きなようだが、今ネットユーザーの間で話題を呼んでいるのが、‟パープル・ドリンク” と呼ばれる飲み物だ。

紫色の飲み物って、使われている食材として考えられるのはブトウやブルーベリーぐらいだが、何が材料として使用されているのだろうか!? 

・実際にパープル・ドリンクを注文してみたが……

画像共有サイトInstagramのユーザーの投稿によれば、パープル・ドリンクの正体は、パッションフルーツ・アイスティーと豆乳、バニラシロップとブラックベリーが織りなすハーモニーなのだとか。

そこで、海外メディアの記者が早速スタバに行き、このレシピ通りの裏メニューを注文したところ、ドリンクは紫ではなく、ピンク色に仕上がって出て来たのだという。「何で!???」と思った記者がバリスタに画像を見せ、豆乳をココナッツミルクに変えて作ってもらったが、結果は同じ……。

・紫色はInstagramのフィルターのせい!?

Instagramに数多く投稿されているパープル・ドリンクはどれも紫色なのだが、バリスタは、「Instagramのフィルターで、色がピンクから紫色に変わっただけではないか」と言っていたとのこと。色の違いについては謎だが、‟パープル・ドリンク” は美味で、豆乳よりもココナッツミルクの方が、爽やかで軽い感じの味わいだったそうだ。

ちなみにパッションフルーツは、熱帯果樹で日本ではあまりお目にかからないが、アメリカでは普通にスーパーに売られている果物だ。日本でも、材料の組み合わせによってはパープル・ドリンクが可能かもしれないので、スタバ通の人は、‟裏メニューチャレンジ” をしてみてはどうだろうか。

参照元:Instagram #purpledrinkCOSMOPOLITAN(英語)
執筆:Nekolas