【本人降臨】「クマに襲われ → 戦い → 命からがら逃げた女性」がネット上で質問を受付! Q&A 50選がこれだ!! 女性「顔が半分が引き裂かれました」

1Photo:Wikimedia Commons

Q36:僕は3カ月間、森で暮らす予定です。これからクマが生息する地域に行こうと思っている人に、アドバイスはありますか?
A36:まず、あなたが向かう地域の自然保護官(レンジャー)に連絡を取って、アドバイスを仰いでみて。クマ撃退スプレーも携帯して、使い方を練習しておいた方がいい。最も大切なのは、常に周囲に気を配ること。

でも心配しすぎて、森での生活が全く楽しめなかったら元も子もないからね!

Q37:熊に襲われたあと、視力や聴力はどうなりましたか?
A37:視力に障害を抱えることになったけど、耳はよく聞こえるわ!

Q38:今でも同じ場所に暮らしているんですよね? 怖くないんですか?
A38:野生の場所に1人で入っていくときは、以前よりも慎重になったわ。でも怖くはない。

▼1度目の手術が終わった後

Q39:その後、クマを見かけたことはありますか?
A39:あります。去年は、台所の庭に1匹のクマが来ていたわ。強く脅したけど、何度も来ていた。

Q40:これまでに、諦めようと思ったことはありますか?
A40:いいえ。でも治療の最中に、保険会社に申請が何度も却下されたときには、落ち込んだわ。色々な人が助けてくれたから、救われたけどね。

Q41:この体験があってから、あなたの人生はどう変わりましたか?
A41:それほど変わっていないわ。でも読者や多くの人が救ってくれることに、とても感動している。

Q42:クマは臭かったですか?
A42:可笑しいわね。あなたに言われて考えてみたんだけど、匂いだけはどうしても思い出せないわ。いい質問ね。

Q43:この体験から、何か得たことはありますか?
A43:人間性にもっと目覚めたわ。他者と繋がって、困難に立ち向かう人に、勇気やインスピレーションを与える場に参加しているの。

Q44:クマと戦い、生き残ったことを後悔したことはありますか?
A44:そうね、「サバイバーズ・ギルト(生き残った者が感じる罪悪感)」を感じることはある。ギリギリまで死に近づいて、実際に死は甘い誘惑でさえあったから、今でも私の一部はあの場所に留まってしまっているように感じられる。

でも、これから生き続けなければ、助けてくれた人に対して無責任すぎる。力を尽くして私を助けてくれたのに、私が諦めてはいけないわよね。

▼術後のお顔

Q45:クマに襲われた場面が、悪夢になって蘇ったりしますか?
A45:いいえ。一度も無いわ。でも歯医者で歯を削る音を聞いたときにフラッシュバックが起こって、ちょっとパニックになったわね。

Q46:クマに襲われて以来、日常的に何か痛みを感じることがありますか?
A46:鏡で自分の姿を見ること。姿が変わりすぎたので、私が映っているけれど、私ではないように感じられる。そこには居心地の悪い “ズレ” が感じられるの。あと、自然を心の底から楽しめなくなってしまったことも悲しいわ。身体的な痛みは、良い薬などで乗り越えることが出来た。

Q47:クマのことが嫌いになりましたか?
A47:いいえ。クマの姿を目にするといつでも嬉しくなるわ。野生の中で、平和に生きていってほしい。

Q48:クマに襲われて、生産性が上がったことってありますか?
A48:いいえ。あの体験で、心身ともに大きなダメージを負ったからね。目を攻撃されたから、読むのも書くのも難しい。けれども、ゆっくり座って、色々なことを考えるいい口実が出来たから、その点ではとても貴重なモノを得たと思う。

Q49:今でもお顔は痛みますか?
A49:はい。でも昔よりもマシになったわ。決して慣れることはないけれど、いつだって痛みを感じているから、ずっと気に病むことはなくなった。

Q50:あなたはこの体験を本にして出版されましたね。でも、なんで表紙にグリズリー・ベアが描かれているんですか?
A50:編集者が決めちゃったのよ。訂正させたかったけど、もう遅かった。

参照元:Reddit(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:Wikimedia Commons

こちらもどうぞ → 本音が聞ける「本人降臨シリーズ