asananairo1

佐藤です。近年外国人観光客が増えている。思わぬところが観光名所になっているらしいのだが、そこで外国人たちはどんな風に日本を楽しんでいるのだろうか? ちょっと気になったので、東京・浅草に向かった。

・外国人に人気の変身撮影にチャレンジ

浅草といえば、浅草寺や雷門をはじめ見どころいっぱいだ。なかでも絶大な人気を誇るのが、変身撮影なのだとか。花魁や芸者、忍者、侍に扮して撮影を行うことができるという。そこで私も撮影してもらったところ、これは日本人も撮ってもらった方がいいと確信した! なぜなら、来年の年賀状にもってこいだからだ!!

・丁寧な応対

私が訪ねたのは、雷門のすぐ近くにあるスタジオ七色である。ここは、花魁の変身撮影で女性に定評があるらしい。HPを確認してみると、男性の場合は羽織・袴で侍風に撮影できるプランがある。さっそく電話で問い合わせてみると、撮影プランと空き状況について丁寧に教えてもらえた。よし、ここにお願いしてみよう! 幸い問い合わせた翌日が空いていたので、速攻予約。

asananairo3

・侍プランの内容

お店に行き予約した旨を伝えると、電話同様に丁寧に撮影内容を教えてくれた。侍プランは簡単なヘアメイク(希望により)、着物・羽織・袴各1着。刀や扇子などの小道具は使い放題である。撮影スペースは和室スタジオ、もしくは白やグレーなどの1色バックのスタジオのいずれかから選ぶ。

なお、料金は1万5120円。2L版の写真3点を、24カットから3枚選ぶことができる。

・サンプル画像を見ながら良く考えよう

私は2つのスタジオではなく、花魁用のスタジオでお願いした。このスタジオは、高さの関係で立ち上がることができない。もしも撮影してみたいという人は、スタッフと相談してサンプル画像を確認しながら、撮ってもらうスタジオを選ぶと良いだろう。

asananairo4

・着付けも撮影もスムーズ

さて、これで撮影前の打ち合わせは完了。ここから着物の着付けが始まる。和装に挑むのはこれが初めてのことだったが、何の心配もない。スタッフがしっかりと着付けを施してくれるので、スムーズに着替えることができた。撮影もカメラマンの指示に従っていれば、問題なく進行する。

asananairo1

・表情がマジで大事

あえてひとつ言うなら、できるだけその気になって表情を作った方が楽しめるぞ。ちょっと極端かな? と思うくらいに顔を作ると、よりリアリティが出る。せっかくなので思い切って行こう。

asananairo6

ちなみに私は「悪代官」というテーマで撮影をお願いしてみた。かなり貧弱な悪代官、いやエセ演歌歌手のようになってしまったが、撮影は猛烈に楽しかったぞ!

asananairo11

・日本人こそ撮った方がいいと思う

お店の利用客のほとんどが外国人観光客なのだとか。日本旅行の記念に形を残したい気持ちはよくわかる。しかし実際に利用して思ったのは、日本人こそ体験した方が良いのではないかということだ。

asananairo7

自分が考えている以上に雰囲気が出る。男性は凛々しく、女性は艶やかに。自分の違う一面を垣間見るようで、マジで楽しいぞ!

asananairo5

・別料金で全データを即日持ち帰ることができる

私はこれを来年の年賀状に使いたいと考えている。基本料金には3枚分のデータが含まれているので、これをアレンジして年賀状を作ってみると面白いだろう。ちなみに私はプラス2万円で撮影したすべてのデータを頂いて帰った。

asananairo8

3枚には絞り切れないという人は、データを持ち帰って吟味すると良いだろう。

参考リンク:スタジオ七色
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼年賀状のデザインが決まってないという人に、変身スタジオはオススメ。花魁や芸者、忍者などにも変身できるそうだ。写真のデータに文字を載せるとこんな感じ
asananairo

asananairo18

▼いろいろなカットを撮ってもらった。通常料金1万5120円(通常の場合は3カット)にプラス2万円で、すべてのデータを持ち帰ることができる
asananairo5

▼ちなみにテーマは悪代官。表情が大事、できるだけ顔を作ろう
asananairo6

▼「そこになおれ!」
asananairo7

▼「あっぱれ!」
asananairo8

▼「ちこうよれ」
asananairo9

▼「満足じゃ」
asananairo10

▼「もう良い、下がれ」
asananairo11

▼番傘を持ったパターン
asananairo12

asananairo13

▼刀を持つと緊張感が増す
asananairo14

asananairo15