弱々しい陽の光が徐々に柔らかくなり、日中は温かくなりつつある今日この頃。すでに暦は4月、春である。そして、春と言えば出会いの季節。1年前、私(中澤)はロケットニュース24で彼女募集を行った。

この企画が、突然届いたヤバイ手紙により中止となったのは以前の記事でお伝えした通り。だが、実は事件はこれだけでは終わらなかった。というより、「始まった」という方が正しい。なんと、手紙の送り主が突撃してきたのである!

・ヤバすぎる手紙とは

詳しい手紙の内容は「【実録】ネットで彼女募集したらヤバすぎる手紙が届いたでござる」でご確認いただければと思うが、念のためザッと説明すると、手紙は以下のような感じだった。

果たし状のように和紙を折りたたんだ包み紙の表に書かれた「粗辞(そじ)
白い紙を真っ黒に埋め尽くす蟻の大群のような文字
手紙の最後に「命がけでお送りさせていただきます」の言葉とともに、「髪の毛の束」のオマケつき
手紙には切手が貼られていない → 編集部まで来てポストに直接入れた

──武士かよ! 思わず前回と同じツッコミをしてしまったが、手紙を描写するごとに笑いにせざるを得ないほどにヤバイ空気が漂っている。というわけで、手紙は封印されたのだった。記事の便宜上、今後この果たし状の女性を原桐子(はらきりこ)さんと呼ぶことにする。

さて、光陰矢の如し。それから半年ほどの時間が流れた2016年11月、果たし状の衝撃、名付けて「桐子ショック」も薄れかけたころ、ロケットニュース24のイベント『ホストクラブ路決闘』が開かれた。ロケットメンバーがホストとなって客を出迎えたこのイベント。その日、私用があった私は、遅れて会場に到着。

入り口を入ると、イベントは予想以上の客入り、私はみんなの盛り上がりに身を任せることにした。そんな人ゴミをかき分けて、ビッグウェーブさんことブッチさんが近づいてくる。何か用? まったりしていた私に、ブッチさんは衝撃の言葉を告げた。

ブッチ「セイジに会いたいって女性が来てるYO! 彼女募集にも応募したって言ってたZE!!」

──どうやらブッチさんは会場で声をかけられたようである。それはさておき、彼女募集と言えば、脳裏に蘇るのは果たし状。まさか、桐子さんか……? いや、きっと別の人だろう。別の人に違いない! 別の人であってくれ!! イベントに突撃してきた女性の正体とは!? 怒涛の急展開は次ページで!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.