【画像多数】日本有数の奇祭「かなまら祭り」開催! 男根が練り歩く様子は予想よりもはるかに「カオス」だった

gunsyu

毎年4月の第一日曜日に神奈川県川崎市、金山神社で行われる「かなまら祭り」。日本が誇る奇祭のひとつとしてマニアの間ではかなり有名なイベントだ。男根をかたどった巨大なピンクの「御神輿」が話題となり、現在では国内外から多くの人が詰めかける。記者(私)も数年前から「チ●コ祭」として噂には聞いていたが、満を持して初参戦してみた。

・神社は見物客ですし詰め状態
メイン会場である金山神社に到着すると、すでに大勢の見物客でにぎわっており満員電車のようなすし詰め状態。とくに欧米系の外国人が多く、エキゾチックな行事でありながらグローバルなムードにあふれ、ひと言で表すなら「カオス」状態。

・色も形もさまざまな神輿
境内に入ってまず目に付くのはやはり、男根をリアルかつ忠実にかたどったピンクの「エリザベス神輿」。目の前で見るとかなり大きい。予想よりずいぶんご立派! その横に「かなまら大神輿」、「かなまら舟神輿」が並ぶ。ちなみに大神輿は木製、舟神輿は鉄製の男根が納められている。

・男根グッズがわんさか
境内の屋台にも、これでもかと言わんばかりに男根グッズが集結。Tシャツ、アメ、置物、てぬぐい、ろうそく……等々、まさに男根尽くしで何かが完全にマヒしてしまいそう。

・鳥居をくぐるたびに大歓声
公式サイトの祭事予定では11時スタート、13時から神輿巡行とあったが今年は10時スタート・12時すぎに神輿が出発。お囃子にノッて境内の盛り上がりも最高潮に! 神輿が鳥居をくぐるたびに歓声がわき起こり、巨大な男根様たちはどこか誇らしげに住宅街へとくりだしていかれた。

・エイズ除けの祭りとして有名
ちなみにこの「かなまら祭」は、もともと「鍛冶の神様を祭る神社ですが、江戸時代川崎宿の飯盛女達の願掛けに端を発しこの「かなまら祭り」が行われるようになりました。商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合のご利益があると云われます。また近年、エイズ除けの祭りとして国際的にも有名になりました」(公式サイトからの引用)とのこと。意外と(?)由緒正しくご利益もたっぷりのお祭りに、来年はぜひ参加してみてはいかが?

Report:mami
参照元: 若宮八幡宮「かなまら祭り」
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼屋台で売っているアメのメニュー
hari
▼男根をかたどったアメ
ame
▼お土産用てぬぐい
tenu
▼向かいの建物からシャッターチャンスをねらう猛者も
sya
▼鉄製の男根を収めたかなまら舟神輿
hune (1)
▼街から神社へ戻っていくエリザベス神輿
eri

P1020723

P1020726

P1020732

P1020734

P1020738

P1020740

P1020774

P1020777

P1020778

P1020783

P1020787

P1020789

P1020793

P1020795

P1020796

P1020799

P1020809

P1020810

P1020812

P1020820

P1020821

P1020824

P1020836

P1020843

P1020844

P1020847

P1020886

P1020909

P1020911

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

コメントをどうぞ

  1. なんぼしても言わさる でリブログ& コメント:
    閲覧注意!!
    愛知県小牧市の田縣神社の豊年祭とかあるよね…。

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り