実際のところはどうだか知らないが「おばあちゃん」は得てして温厚なイメージがあるものだ。例えば亀田製菓の定番商品『おばあちゃんのぽたぽた焼き』に描かれているおばあちゃんは、どこからどう見てもTHE・温厚! 圧倒的なハッピーオーラに包まれている。

……かと思いきや、実際はこのばあさん、とんでもなく悪いババア……なのかもしれない。なぜなら亀田製菓公式Twitterに投稿されていた「ぽたぽたおばあちゃんの本気のアイスサンド」が、悪魔的と申し上げても差し支えない衝撃のウマさだからだ。

・優しいだけのおばあちゃんじゃない

亀田製菓の公式サイトによると「おばあちゃんのぽたぽた焼き」は1986年に誕生したという。濃厚な砂糖じょうゆは万人受けするウマさで「自分では買ってないけどなぜか家にあったお菓子」の代表格ではないだろうか?

発売当初から描かれていたという おばあちゃんは、ある意味で「日本人がイメージする優しいおばあちゃん」を具現化した存在と言っていいハズ。優しい美味しさの「ぽたぽた焼き」と、優しいおばあちゃん──。ぽたぽた焼きはひたすら優しいお菓子……だと思われていた。

……が、2022年7月14日に亀田製菓公式Twitterに投下された「ぽたぽたおばあちゃんの本気のアイスサンド」は極悪そのもの! 特にダイエッターの方にとっては “悪魔の食べ物” でしかないハズだ。 レシピは単純そのもの、


ぽたぽた焼きにアイスをのせ……


挟む!


これだけで「ぽたぽたおばあちゃんの本気のアイスサンド」の完成である!!

・罪深いにもほどがある

で、お味の方はというと……はい、ウマいに決まってる! ぽたぽた焼きの甘じょっぱさとバニラアイスの甘さが合わないハズが無い! サクサク軽い食感も相まって、本気を出せば10個くらいはペロリとイケそうなウマさである!!

さらに言うと、甘じょっぱさが後を引く味わいになっているから厄介としか言いようが無い。ダイエット至上主義のこのご時世、こんなに悪いばあさんがいるのだろうか? 少なくとも「ぽたぽたおばあちゃんの本気のアイスサンド」は極悪そのものの味わいだ。

なお、絶賛ダイエット中の当サイトの原田たかしに「ぽたぽたおばあちゃんの本気のアイスサンド」を食べてもらたところ「これはいいもんですねぇ~。でも罪深いですねぇ~」と語ってくれた。そう、ぽたぽた焼きアイスサンドはただひたすら罪深い味なのだ。

とにもかくにも、アイスクリームをおばあちゃんのぽたぽた焼きに挟むと悪魔的な食べ物になってしまうので、良い子のみんなは絶対に真似をしないように! いいか、止まらなくなるから絶対に真似するなよ!!

参考リンク:亀田製菓「おばあちゃんのぽたぽた焼き」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼こちらが元のツイート。