みんな、最近「タコベル」に行ってるか? 「行くも何も近場にタコベルが無いよ……」という方はさておいて、私、P.K.サンジュンはぶっちゃけ2年くらいは行っていなかった。コロナはあるにせよ、もうちょい店舗数を増やしてくれ、タコベル。

さて、つい先日「ぶっ壊れクーポン」の記事を書くため久々にタコベルを訪れた際、今回ご紹介する『DIYタコスキット』を発見した。当初は「高くない?」と思ったのだが、実際は高コスパという “逆詐欺商品” だったのでご紹介しよう。

・家 de タコス

まずは『DIYタコスキット』について簡単に説明しておきたい。『DIYタコスキット』は完成していないタコスの10ピースセットで、ハードとソフトの皮がそれぞれ5枚ずつと、肉・レタス・チーズ・サワークリーム・トマトの詰め合わせである。

これで価格が2990円だから、1ピースあたりの価格は299円。これだけ見ると妥当な価格設定に思えるが、タコベルでは完成形のタコス10個セット「タコパーティーパック」を10ピース2550円で販売している。あれ……おかしくない?

手間がかかる『DIYタコスキット』が1個299円なのに、完成形の「タコパーティーパック」が1個255円とはどういうことなのか? 「タコパーティーパック」にはトマトやサワークリームが入っていないにせよ、やや割高感を感じてしまうことも事実だ。

・割高かと思いきや

だがしかし、これこそが逆に詐欺──。実際に『DIYタコスキット』を購入して家で食べてみたところ、商品概要では伝わらない “ボーナス” が隠されていたのだ。順を追って説明しよう。

まずは家で『DIYタコスキット』でタコスを作って食べる。お好みで玉ねぎ・パクチー・アボカドなどを用意すれば、あっという間にゴージャスなタコスパーティの始まりだ。そして当然のようにタコスはウマい。うむ、安定のタコベル品質である。

ソフトの皮もウマければ、パリパリの皮もまたウマい。自分で作るから「これでもか!」というほど具を詰め込めるのも最高だ。ちなみに余談だが、タコベルのタコスは5歳の娘でも食べられた。香辛料は効いているが、ほぼ辛さはない。子供は自分で作るの大好きです。

で、バリバリとタコスを食べ進めているうちに、ふと気付いてしまった。「あれ、具が全然減ってなくない?」と──。皮さえあれば「20ピースくらい作れるんじゃね?」と──。

・実は具がメッチャ多かった

そう、『DIYタコスキット』は明らかに具の量が多いのである! 皮基準で考えると1ピース当たりの価格は299円だが、具の量だけで考えれば15人前……いや、20人前くらいはあるハズ。皮さえ自分で用意すれば、コスパはかなり良くなる。

皮を用意するのが面倒な人は、ご飯にのせてタコライスにすればOK。当然、ウマい。普通に考えて付属の皮10枚に全ての具を詰め込むことは物理的に不可能。どうしたって具は余るが、タコライスなら応用が利きやすい。

購入前はわからなかったが、実際に入っている具の量などを考慮すると『DIYタコスキット』はかなりの高コスパ商品ではないだろうか? 少なくとも「タコス10個どころじゃないボリューム」と覚えておくといいハズだ。

というわけで、思わぬ形で逆詐欺商品と判明したタコベルの『DIYタコスキット』──。特に「最近タコベルに行ってないな~」「店で食べるのはなぁ」という方はぜひチェックしていただきたい。

参考リンク:タコベル公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.