沖縄県民が愛する24時間、年中無休のスーパーといえば「もちろんそれは……ユニオンですから!」である。いきなり何なのかというと、県民おなじみのCMソング「24時間、今も開いてます~。もちろんそれは……ユニオンですから!」だっ!

とにかく先日、そんなUNION(ユニオン)に行って、コスパが良いと評判の “ですから弁当シリーズ” をチェックしてきたのだが……これが本気で良かったぞ。なんなら今後、沖縄名物として人気が出そうな予感すら漂っていたので、ぜひ皆さまにも紹介したい。

・ユニオンですから

今回訪れたのは、ユニオン赤嶺店。ゆいレール赤嶺駅からスグ、そして、悪そうな髪型を得意とする理容室「ディープ」からも歩いて行ける距離だったため、取材後に直行したわけである。腹が減ったし話題の弁当でもチェックしてみるか……ということで惣菜コーナーへ。

はいはい、ありましたありました……って、すっげー種類豊富だな。「のり弁ですから!」「豚ヒレカツ丼ですから!」「ゴロゴロ焼き鳥濃厚ゴマにんにくですから!」などなど “味のあるイラスト” が描かれた弁当がずらりと並んでいる。中身は見えないけどウマそう。

ちなみに値段は350円~399円(税抜)。スーパーの弁当として驚くほど安くはない(十分安いけど)が、インパクトのある名前 & 沖縄らしい手描きデザインのパッケージが楽しそうで、つい手に取ってみたくなる。すなわち客を呼び込む “引力” はかなり強いということだ。

・うちなー弁当

で、せっかくだから沖縄っぽいやつってことで「ザ・うちなー弁当」を購入。うちなーとは沖縄のこと、つまり「ザ・沖縄弁当」である。買った後に「ですから!」が付いていないことに気づいたが……モリモリで美味しそうだからOKとしておこう。

それでは、気になる中身を確認してみる。パカッとフタを開けたら……

OH~やっぱりモリモリですね~ッ! ど真ん中にコロッケ、そして三枚肉の切り落とし、煮卵、大根千切り炒め、ゴーヤチャンプルーという豪華ラインアップ。まさに “沖縄” が詰まっている弁当である。ウマそうじゃないか。さっそく食べてみると……お、おおおっ!

うんまいっ! 手作り弁当らしい優しい味だ。ゴーヤチャンプルーも大根の千切り(イリチー)も、しっかり味が染みて柔らかく仕上がっている。しかし主役は甘辛の三枚肉か、いや、煮卵の存在感もえぐい。こうなったらもう、ご飯とおかずを一気にかきこむのが正解だろう。

・弁当でいいトコどり

なんというか、スーパーの総菜コーナーで地元のおかずを選ぶより、弁当で “いいトコどり” するのはアリかも。ただ安いだけではなくて、地元沖縄を感じる素晴らしい弁当だった。

しかも、うちなー弁当は昼でも夜でもイケる味だから、出張時にビジネスホテルで食べるのもおすすめ。オリオンビールも買えば完璧だろう。

──とにかく「24時間、今も開いてます~。もちろんそれは……ユニオンですから!」なので、機会があればぜひ立ち寄ってみてほしい。それにしても地域密着型のスーパー、けっこう面白いな。勉強になりました。

参考リンク:ユニオン
執筆:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼UNIONですから!