ラーメンに詳しい人ならば、『大至』の名前を1度は聞いたことがあるのではないだろうか。言わずと知れた、東京・御茶ノ水の人気ラーメン店だ。当サイトでも過去に紹介したことがあり、執筆したP.K.サンジュンは「究極レベルの普通!! 磨き抜かれた普通のラーメン。震えが来るほどの完成度」と表現している。

私も同店のラーメンを何度か食べたことがあるが、“磨き抜かれた普通のラーメン” とは言い得て妙。本当に美味いんだよ……という感想は過去記事を参考にしていただくとして、今回は別の話題を取り上げたい。

簡単に言うと、『大至』は新型コロナウイルスがおさまるまで休業して、テイクアウトを開始。ケータリングも始める予定だという。同店のTwitterアカウントが3月31日にツイートした内容を引用すると……


「明日(4/1)から休業します
突然の告知で申し訳ありません

お客様・スタッフの感染のリスクを減らす事もありますが、テイクアウト・ケータリング商品の開発と準備を進める事を念頭にしています」


──さらに4月3日には……


「お持ち帰り用 レンジアップラーメン
本日(4/3)用意できました!

この後12時頃より販売予定、売れるかどうかは分かりませんが40食用意してます!
店頭販売のみで850円です。容器代手間賃で店内価格より高くなり申し訳ありません」


──そして、そのレンジアップラーメンが今、私の手元にある。味の感想については後々お伝えするとして、まずは店の人から聞いた話を要約して紹介したい。


・いつから客足に影響が?

お店が休業を宣言し、レンジアップラーメンをはじめたきっかけは言うまでもなく「新型コロナウイルス」である。では、いつから客足に影響が出たのだろうか? その点が気になったので、お店の人に聞いてみたところ……


お店の人「うちは最近まで、そこまで影響はなかったんです。ただ、3月30日に日本医師会が「緊急事態宣言を出した方がいい」と言っていると報道されたでしょう? あそこからですね。

何より「ことが大きくなってからでは遅い」という気持ちがありまして、「新型コロナウイルスがおさまるまで休業しよう」と決めた次第です。それからラーメンの持ち帰りをはじめ、今後はお届けすることも考えています」


──とのこと。今年のはじめから多くの飲食店が新型コロナウイルスの影響を受けるなか、「そこまで客足に影響はなかった」のは、さすが行列のできる名店『大至』。しかし、「緊急事態宣言はいつ出る?」という空気が濃厚になってくると、『大至』といえども例外ではなくなったそうだ。


そんな状況で『大至』が打った手の1つが、いま私の目の前にあるラーメン。いわゆるレンチンタイプのラーメンだ。それにしても、袋の中に一緒に入っていた手書きの説明書が素朴で、実にいい。


無駄なことが何も書かれていない。おまけに、「ヤケド注意」だけ文字が大きくなっているところなんて、温かさがにじみ出ているようだ。


・実際に食べてみた

などと思っていたら、レンチンが終わった。できあがったラーメンを味わってみると……


さすが『大至』である。お店で食べるのと寸分違わぬ味と言ったら嘘になってしまうが、それでもしっかり大至のラーメンだ。特にスープが素晴らしい。全体的に上品で、ほんのり醤油が効いている。このスープを飲みたくて、何度行列に並んだことか……。美味い。


・同店のTwitterをチェック

ちなみに、このレンチンラーメンを味わいたい人や、私と同じように「大至がケータリングを始めたら、それもお願いしようかな」と思っている人は、同店のTwitterアカウントをチェックした方がいい。そこで「レンチンアップラーメン販売します」といった告知がなされるので、入手する際に役立つだろう。

そしてもちろん、「新型コロナウイルスがおさまったので、通常通り営業再開します」という告知だって、行われるはずだから。そのツイートが出来るだけ近いうちに投下されることを、願ってやまない。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ラーメン大至
住所 東京都文京区湯島2-1-2
時間:月~金 11:00~15:00、17:00~21:00 / 土曜 11:00~15:00(※店内は新型コロナウイルスがおさまるまで休業)
休日:日曜・祝日

参考リンク:日本経済新聞、Twitter @ramendaishi(ラーメン大至)
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼休業の告知

▼速攻で持ち帰りに対応

▼修正点が見つかったら改善される

▼本日4月7日から、持ち帰りのレンチンラーメンが販売再開するようだ

▼宅配もそろそろ始まる気配