私(佐藤)はデパートが好きだ。都内で新しい施設がオープンすると、ほぼ初日に訪問している。最近では渋谷スクランブルスクエア渋谷パルコ渋谷フクラス、それぞれ開店日に訪問している。とにかくデカい商業施設を好む傾向にある。

しかし何がどこにあるのかサッパリわからん! 百貨店というぐらいだから、品数が多すぎるのだ。お弁当を食べようと思っても何を食っていいのか選びきれん! ということで、伊勢丹新宿店の地下食品売り場の案内係にオススメの肉弁当を尋ねてみました。

・ネット検索よりも速くて正確!

その日は昼食時に伊勢丹を訪れていた。探す楽しみがあるのはわかる。わかるが、探すのが面倒な時だってある。人間だもの! ということで、案内係に決めてもらうことにした。ノンジャンルでオススメを聞くのも、はなはだ失礼だと思い「肉の弁当」にジャンルを絞って尋ねてみた。


佐藤 「すみません、お尋ねします。オススメのお肉のお弁当ってありますか?」


案内係 「ありがとうございます。お肉のお弁当でリーズナブルなものですと、『柿安ダイニング』のお弁当がオススメになります。有名なところでは『浅草今半』のお弁当などはいかがでしょうか? もしくはですね、今半の向かい側にあります、山形牛を使ったお弁当・惣菜を販売しております『米沢 琥珀堂』などもオススメでございますよ」


すげえええええええ! 当たり前だけど、このフロアを熟知していて、3軒ものお店の名前が瞬時に出てきた。ネット検索よりも正確で速いんじゃないの!? さすが案内係、聞いてみるもんだね!! ありがとう、案内係の人ッ!


・山形牛のステーキ

ということで、提案された3つの店舗から、「山形牛」という言葉に惹かれて琥珀堂のお弁当を購入した。買ったのはコレだ、米沢牛のステーキ弁当(2916円)!! せっかくオススメして頂いたのだから、1番高い弁当にしちゃったヨ~!




フタを取り、肉を見ると実に美しい色合いだ。ほのかに朱を帯びた焼き色と、じわりとにじむ肉汁。ある種、芸術的な美しささえ感じてしまう。


・脳内のホルモン分泌

このまま口に入れても、幸せが訪れることは間違いない。だが、購入時にスタッフが「中にありますステーキソースをおかけになって、お召し上り下さい」と教えてくれたのを思い出した。


にんにくや生姜などの香味のきいたソースをかけたら、そのままでも十分美味そうな肉が、さらに食いたくなる欲求をかき立てる。胃袋を刺激してくるのではなく、視覚と嗅覚に訴えかけてくるタイプの食欲だ。「これを食わねば」、そう思わせるようなホルモンが脳内に分泌されているに違いない。


食べてみると、その事前期待を1ミリも裏切らない美味しさだ。いや、期待以上だ。口に入れた瞬間にトロける脂とソースの美味しさで、無意識のうちに笑みが出る。美味し!


改めて案内係のおじさんにお礼を言いたい。オススメ頂いた弁当は最高に美味いヨ! ありがとうございます!! さて、次はどこのデパートで案内係のオススメを聞こうかな。


・今回訪問した店舗の情報

店名 米沢 琥珀堂 伊勢丹新宿店
住所 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本館B1
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休(施設に準ずる)

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24