日本全国に点在するB級グルメ。飾らずもジャンキーな味わいで人々を魅了するB級グルメの世界は、奥が深い。

今回は神戸発のソウルフード・ぼっかけを使用した「ぼっかけ焼きそば」を初めて食べてきたので、その味をご紹介したい。

訪れたのは、丸亀製麺でお馴染みのトリドールホールディングスが運営する長田本庄軒。いやが上にも期待は高まるぞ!

・神戸で愛されるぼっかけ

そもそも「ぼっかけ」とは如何なる食べ物なのか。簡単にいうと、牛すじとコンニャクを醤油ベースの味付けで煮込んだ料理。

一説には神戸市長田区が発祥の地といわれており、うどんや焼きそばなどに「ぶっかけて」食べることから、転じて「ぼっかけ」の名になったようだ。昨今のB級グルメブームもあり、現在では神戸のご当地グルメとして定着しつつある。

そんな「ぼっかけ」を使用した焼きそばやモダン焼きなどを食べられるのが、今回紹介する長田本庄軒。前述のとおり丸亀製麺と同系列で、店内で製麺するなど共通するこだわりもある。今回は神戸にある三宮センタープラザ店にお邪魔してきた。

・焼きそばコッテリ、ぼっかけアッサリ

センタープラザは駅前の商業施設で、地下は飲食街となっている。かつ丼の人気店として知られる吉兵衛の本店や ON THE CURRY ! も入っており、三宮で食事に困った際には意外と重宝する場所だぞ。

さて、お目当ての長田本庄軒だ。鉄板の回りをカウンター席が囲む造りで、目の前で料理が焼き上げられるのを見ることができる。鉄板焼きならではのジュージュー音と香ばしい匂いが立ちこめ、それに吸い寄せられるように次々と客がやってくる。

ぼっかけ焼きそば並(650円)を注文。プラス200円でぼっかけを増量できるとのことだったので、追加することにした。

手際よく料理を仕上げていく店員さんを眺めながら待つ。焼いているのを見ているだけでお腹が減ってくる、これも鉄板焼きの醍醐味のひとつだ。食欲がマックスに高まったところで料理が到着した。

焼きそばの上にたっぷりトッピングされた、ぼっかけ~! コレを食べに来たんですよ、コレを。

焼きそば自体は甘辛いソースで濃厚な味付け。一方ぼっかけは結構アッサリめの味で、焼きそばと一緒に食べると丁度バランスが良い。すじコンのクニュクニュとした食感と、大きめに切られたキャベツのシャキシャキとした食感がナイスコンビネーション。

ぼっかけが白飯とも合うのではと思いライスも注文してみたが、ぶっちゃけ白飯にはあまり合わなかった。というのも、ぼっかけ自体がアッサリ目の味付けだから。あくまで焼きそばと一緒に食べるのがオススメだ。

・味変もオススメ

「長田スパイス」なるものが卓上に(というか鉄板上に)置いてあったので、使ってみることに。

チリパウダーのような味で、焼きそばにかけると辛味がプラスされてジャンキー度がアップ。B級グルメはこうじゃなきゃ、という味になった。辛いのが苦手でなければ試してみるといいだろう。


ちなみに長田本庄軒は今回ご紹介した三宮センタープラザ店を含め、全国に計10店舗を展開している(2019年7月9日時点)。ただし10店のうち6店は関西に固まっているので、関西以外ではちょっとレア度が高いかも。なかなか他ではない味を手軽に楽しめるので、見かけたら入ってみて欲しい。

・今回紹介したお店の情報

店名 長田本庄軒三宮センタープラザ店
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザB1F
時間 10時45分(土日祝10時)~22時(LO / 21時30分)
休日 無休

参照元:長田本庄軒
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

▼並でも結構ボリュームがあったよ!

▼ホルモン焼きそばとか、気になるメニューが他にも多数

▼おいC!