日本全国5500万人のスシロー大好きっ子のみなさんに問題です。スシローの年間来客者数はざっと何人でしょう? 正解は……約1億3700万人(2016年10月~2017年9月)でした! つまりスシローには1年間で、日本の人口を越える人数 が押し寄せていることになるのだ。うーむ、スシローすごい。

そのスシローが2018年4月25日から開催しているのが「GWは、にく寿司フェア」だ。その名の通り、ゴールデンウィーク期間中だけの特別な “肉寿司祭り” だが、いざ足を運んでみると……コレジャナイ感がすごい。いや、ウマいんだけどさ。

・生肉とか思いきや

みなさんは「肉寿司」と聞いてどんなお寿司を想像するだろう? おそらく多くの人は “生肉” をシャリで握った「まぐろの赤身のような寿司」をイメージしないだろうか? 牛肉なのか馬肉なのかはあるものの、ここ数年流行している肉寿司店は “生肉” を使用している場合がほとんどだ。

記者も当然「肉寿司やっほい!」と赤身っぽい生肉を使った寿司を想像していたのだが、スシローの “にく寿司” は想像と大きく違っていた。いや、むしろ スシローらしさが炸裂していた と言ってもいいのかもしれない。というのも、メニューが、


熟成牛炙りサーロイン


熟成牛上カルビ


赤身肉(ユッケ風)


ささみの天ぷらにぎり


極上生ハムサラダ風


合鴨ロース


大切りローストビーフ


……と、ほぼ全てのメニューに火が通っていたのだ。こ、これじゃなかった……! 想像してた肉寿司はこれじゃなかったんだ……!! ユッケ風だけはかろうじて赤身肉らしいけど、“直前までカチカチに凍ってました感” が丸出しだよ……!

とはいえ、味は安定のスシロークオリティで どの寿司も申し分なくウマい。1貫で280円とややお高めだが「熟成牛炙りサーロイン」は牛肉の旨味が十分に楽しめるし、「大切りローストビーフ」も100円の壁を軽く超えていた。

また意外なところでは「ささみの天ぷらにぎり」も美味しかったことは記述しておきたい。やはりスシローはフライドポテトに代表されるよう 揚げ物の扱い方が最高 で、サクサクと軽い衣が淡泊なささみを上手にアレンジしていた。

想像していた肉寿司ではなかったが、スシローの「にく寿司フェア」はそれはそれで悪くない……いや、むしろイイ。期間限定だから、気になる人はゴールデンウィーク中に一度スシローを訪れてみてはいかがだろうか? もちろんフライドポテトも忘れるなよ!

参考リンク:スシロー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24

▼最後にコーヒーは鉄板。