あれはまだ寒さ厳しい真冬のころ。ただでさえ全国的に寒いのに、輪をかけて「めちゃくちゃ寒い」と評判の京都へ行った時のことだった。なるほど、たしかにチョー寒い。体の芯まで冷え切っていた私は、スマホ片手に近場の銭湯を探し始めた。

めぼしいお風呂屋さん、いくつかヒット。いつものように、事前に「タトゥーはOKですか?」と電話で確認した結果、いくつかの施設で「NG」の回答。しかし、中京区三条町『トロン温泉稲荷(INARI)』のお返事は、ポカポカ陽気の春のごとく暖かいものだった。

はい大丈夫ですよ〜。(タトゥーの入った方々も)みなさん入っておりますし。気にせんと お越し下さい〜

声の主は、優しそうなおばちゃん。電話口から、ぬくもりが伝わってくる。よし、ここにしよう。というか、ここしかない! タクシーに乗り込み、いざ出発!!

それにしてもラッキーだ。銭湯でよかったのに、見つかったのは「温泉」……! しかも「トロン」ときたもんだ。トロン温泉……はたしてどんな温泉なのだろう?

もしかして、私が昔から熱狂的に大好きなSF映画『Tron(トロン)』または『トロン: レガシー(Tron: Legacy)』の世界観みたいな温泉……

……と妄想が止まらないので、タクシーの運ちゃんから情報収集してみると、

運ちゃん「ありゃ本物の温泉じゃなくて、普通の銭湯だよ。昔ながらの

──らしい。そんなわけないだろ運ちゃん。トロンだぜ? 温泉だぜ? それをあわせての「Tron温泉」だぜ!? サイバーな空間に決まってるだろ!! 昔ながらどころか未来の温泉、それがTron温泉……と勝手にワクワクしながら京都三条会商店街へ到着。


で、しばし歩くと……


昔ながらの普通の銭湯だった。運ちゃん、ごめん。


まず感じるのは「懐かしの銭湯の香り」であり、時おり聞こえる「カコーン……」といった風呂桶のサウンドがまたノスタルジック。構造やシステムもシンプルで、なんというか「ザ・銭湯」といった感じのザ・銭湯である。だが……


それがいい。


落ち着く。その庶民感と素朴さが実に居心地よく、落ち着きすぎて思わずトローンとしてしまうほどのリラックス状態に。そうか、これがトロン温泉のトローン……

なわけがなく、しっかりと銭湯の壁に、トロン温泉の由来的な説明が書いてあった。めちゃくちゃ簡単に伝説口調でまとめてみると……


「トロン温泉とは、天然鉱石トロン原石を使った温泉のことで、その歴史は2000年以上……。特にドイツのトロン温泉が有名で、貴族の湯と呼ばれることも……。そんなトロン温泉を最先端のバイオ技術によって再現したのが、ここじゃ……」


みたいな感じだ。映画トロンではなく、「トロン原石」のトロンだったのだ(当たり前か)。ちなみに銭湯内には、「トロンサウナ」もあったぞ。


そんなこんなで体もポカポカと温まり、さ〜て本格的に体と頭を洗おうかな……と思った時、プチ事件が発生した。なんと……ボディーソープを持ってくるのを忘れていたのである!

常日頃から銭湯に行く際は、100円ショップで買った「銭湯バッグ」にシャンプー&コンディショナーはもちろん、あかすりタオルや洗顔料、歯ブラシにヒゲ剃り、各種ヘアケア商品まで入れている……のに、あろうことか石鹸を忘れるとは……!!

ともあれ、絶対に何が何でもボディーソープ(石鹸)で体を洗いたいので、浴場から脱衣場へ向かい、体を完璧にフキフキしてから “さっきまではいてたモモヒキ” をはいて……

くそっ! ムンムンして、きもちわるいっ……!! でも、「洗いたてのモモヒキ」は風呂上がり用なので、絶対に今このタイミングで使いたくはない……なんて思いながら、そそくさと番台的なカウンターへ。

そして、おばちゃんに「あのぅ、ボディーソープを買いたいのですが……」と伝えると!!


おばちゃん「あーっ、そんなの買わなくていいよ! ちょっとまって……はい! これ使って〜!!

──と、透明のケースに入った石鹸を貸してくれたのである! 常連でもない私に……っ! ただの通りすがりの銭湯好きの私に……無償でっ……石鹸をっ……!! めっちゃ優しい……!!(涙)


てな感じで、無事に体も洗い終え、キレイサッパリ&ポッカポカの状態でトロン温泉を満喫できて大満足! たしかにタクシーの運ちゃんの言うとおり、天然の温泉ではないかもしれない。しかし私にとっては体はもちろん、心の芯まであたたまる温泉だったのだ。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 トロン温泉稲荷
住所 京都府京都市中京区三条町神泉苑西入下今新在家西4
時間 平日15:30~23:30、日曜09:00〜23:30
休日 金曜日

Report:GO羽鳥
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「タトゥー温泉

▼写真で見るとややサイバー

▼これがトロン:レガシーだ!

▼これがトロンだ!