全国600店舗以上を展開する長崎ちゃんぽん専門店といえば、ご存じ「リンガーハット」だ。たっぷり野菜とモチモチ麺の相性は超最高! それでいて懐にも優しいリーズナブルな価格設定とくれば付け入るスキが見当たらない。まさに “俺たちのリンガーハット” である。

そんなリンガーハットが2018年2月、新業態となる『EVERY BOWL(エブリボウル)』を東京は広尾にオープンさせた。リンガーハットらしからぬオシャレな空気がただようが、果たしてどんなお店なのだろうか? さっそく足を運んできたのでご覧いただきたい。

・何屋なのか?

マクドナルドはハンバーガー屋、丸亀製麺はうどん屋、そしてリンガーハットはちゃんぽん屋である。ただ『EVERY BOWL』を一言で何屋か表現するのは難しい。無理矢理命名するとすれば「ワンプレートデリ屋」といった感じになるだろうか。

おそらくイメージが付きにくい方も多いと思うので、以下で注文の手順から説明しよう。

・その1:「ヌードルを選ぶ」

まずは主食となるヌードルを「五穀リガトーニ」「五穀麺」「国産小麦麺」「グルテンフリー麺」の4種類の中から選ぼう。グルテンフリー麺はプラス180円が必要だ。ヌードルは追加も可能で、そちらも180円となっている。

・その2:「ソースを選ぶ」

続いては6種類の中からソースをチョイス。この日は「タイ風グリーンカレー&パクチー」や「サーモン&リコッタのレモンクリーム」「海老のスイートチリソース サワークリーム添え」などが用意されていた。

・その3:「デリを選ぶ」

最後に選ぶのはデリ、つまり総菜だ。基本料金だと1つしか選べないがデリもプラス180円で追加が可能。「かぼちゃと柿のマスカルポーネサラダ」や「ベイクドトマトのラタトゥユ」など、野菜を中心にしたメニューが揃っている。

基本メニューは「ヌードル + ソース + デリ1品」で税抜き980円。今回はデリを2つ追加したので価格は税込みで1446円であった。なお、生野菜(オーガニックリーフサラダ)は、基本料金に含まれている。

浅いボウルに円グラフのように盛り付けられた料理は完全無欠のフォトジェニックで、意識の高さがビシビシあふれ出すビジュアル。インスタ女子が殺到してもおかしくない。

・ひと手間加えた美味しさ

お味の方はというと、デリはどれもひと手間加えた美味しさ。例えばマリネには少量のクミンが、具もレーズンやクルミ、きんかんなど「デパ地下のいい総菜屋さん」のような味わいであった。しかもどれも体に良そうな……気がする。

ただし、どのデリやソースも基本的にはアッサリ系だから、旨味やどっしりしたコクを求めたい時には物足りないかもしれない。ボリュームもそこそこなので、やはり男性よりは女性をターゲットにしたお店なのだろう。

・水がない

また、飲み物は購入しない限り水もないので注意して欲しい。セルフでもなく他のお客さんも誰1人として水を飲んでいる人はいなかったから、飲み物が欲しい人はレジでドリンクを購入するといいハズだ。

2020年までに国内20店舗の展開を目指すという『EVERY BOWL』。リンガーハットと比べると少々お値段は張るが、女性を中心に需要はありそうだ。気になる人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 EVERY BOWL(エブリボウル)広尾店
住所 東京都渋谷区広尾5-5-1 広尾いがらしビル1F
時間 11:00~22:00
休日 無休

参考リンク:EVERY BOWL
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼これは増えそうなお店。でも水くらいは出して欲しいかな~。

リンガーハットの新業態が超オシャン。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on