嘘かまことか学校の七不思議。中でも「トイレの花子さん」と「夜中に走る人体模型」……さらに、「目が動く音楽室の肖像画」は定番中の定番と言えるだろう。

だが、科学の発達はそんな怪談までも超えてしまった。目が動くどころか肖像画を爆笑させることもできるアプリが、現在Twitterで話題になっている。さっそく、ダウンロードしてみたところ、グラビアが笑いかけてきたァァァアアア! SUGEEEEEEE!!

・ネットで話題

そのアプリの名は『Mug Life』。2カ月ほど前にリリースされたこのアプリが、いまTwitterで火がつき始めている。ツイートに添付された画像を見てみると……ファ!? 静止画が話してる! まるでアニメーションのようだ!! というわけで、使ってみることにした。

起ち上げると、ログイン画面が表示される。Facebookアカウントでのログインもできるようだが、今回はお試しなのでゲストアカウントを作成することに。すると、チュートリアルのような内容が表示される。どうやら、画像加工以外にSNS機能もついているようだ。画像を加工して保存するやり方は以下の通り。

・画像加工のやり方

1. ホーム画面右上の「Photo」をタップ

2.「カメラ」か「カメラロール」を選択(今回はカメラロール)

3. 写真を選択

4. 加工画面になるため、下の枠からエフェクトを選択

5. エフェクトが決まったら右上にある四角のタグをタップ

6. 左のタグを「Private」にして「SAVE」ボタンタップ

7. 保存場所「カメラロール」を選択

8. 出力形式「動画」か「GIF」か「画像」かを選択

──以上でカメラロールに加工された画像が保存される。あとは、シェアするのも個人で楽しむのも自由。さっそく、カメラロールの画像を動かしてみよう。まずは、自分の顔で試してみると……
https://instagram.com/p/BdkAYKYHIdc/?taken-by=seiji_nakazawa
SUGEEEEEEE! 表情がコロコロ変わっていくゥゥゥウウウウ!! むしろ、こんな顔できないよ

待てよ……静止画を動かせるということは、フィギュアとかも動かせるんじゃないのか? そこで、編集部にあったバービー人形で挑戦してみたところ……
https://instagram.com/p/BdkG4Imn8Pl/?taken-by=seiji_nakazawa
動いた! しかも、本当に生きてるみたいに自然に!! 今、なんかの壁確実に超えたーーーーーーー! このアプリは、人類にとってとても大きな1歩のような気がする。
https://instagram.com/p/BdkA805HbFt/?taken-by=seiji_nakazawa
なお、他にも絵を動かすことに成功。ただし、アニメとフィギュアの中には動かないものも多かった。デフォルメされすぎているものは厳しいのかもしれない

しかし、グラビア写真は余裕。特筆すべきはやはりその自然さで、滑らかに変わるヤングジャンプのグラビアアイドル達の表情には度肝を抜かれた。科学凄すぎィィィイイイ
https://instagram.com/p/BdkA2xQnMfs/?taken-by=seiji_nakazawa
おそらくこのアプリを使えば、音楽室のベートーベンを爆笑させることも可能だろう。学校の七不思議を超えた科学の力。SNSの投稿でも多いに使えるので、気になる人はダウンロードしてみてはいかがだろうか。

関連リンク:Mug Life(Apple store
執筆:中澤星児
Screenshot:iOS
Photo:Rocketnews24.