モデルや歌手としてだけでなく、ファッションブランドや香水をプロデュースする実業家としても知られるパリス・ヒルトン。活発にSNSで情報を発信している彼女だが、時として投稿内容が炎上してしまうことも。

今回も、彼女が「私とブリトニー・スピアーズが自撮りを生み出したの」とツイートしたところ、ネットユーザーから反論の嵐が! 中には「世界初の自撮りは1839年だ」と調べ上げ、証拠写真をツイートする人まで現れる事態となってしまったようだ。

・自撮りを生み出したのはパリスとブリトニー!?

コトの発端は、パリスが米歌手ブリトニー・スピアーズとのツーショット写真に、「11年前の今日、私とブリトニーが自撮りを生み出したの」とツイートしたことによる。

11年前とは2006年のことで、確かにスマホが登場してから自撮りが主流になった感はあるものの、筆者でさえ大昔に、コンパクトカメラで友達と自撮り写真を撮った覚えがあるぐらいだ。「いくらなんでも、2006年以前に自撮り撮影をした人はいるのでは……」と思ったのは筆者だけでなく、他にも大勢いたようである。

・ネットユーザー「もっと昔から自撮りは存在していたぞ!」

そして、そんなネットユーザーから「この人も自撮りをしていたぞ!」っといったノリで、次々に証拠画像&動画がパリス宛に返信されることに。

なかには、1991年の公開映画『テルマ&ルイーズ』の主人公二人が、インスタントカメラで自撮りするシーンを投稿する人もいれば、1966年にビートルズのジョージ・ハリソンが自撮りしている画像をアップする人もいる。

・世界初の自撮りは1893年に撮影された!?

意地になっているのか、さらに昔の自撮り写真を探し求めてサーチした人もいた模様。スコットランドのナショナル・ギャラリーが、「1839年にロバート・コーネリアスにより、世界初の自撮りが撮影されています」と証拠写真と共にツイートした。

1839年ということは、日本ではまだ江戸時代。つまり、そんな時代から海外では自撮りをした人がいたということになる。

・パリスが教えてくれた!?

とにかく、上のように反論ツイートが続々と寄せられることになったのだ。ただ見方を変えれば、きちんと調べもせずに「一番最初に始めたのは私」だとか、「コレを発明したのはオレ!」だなんてツイートするべきではないと、パリスが教えてくれた……とも言えそうである。

参照元:Twitter @ParisHilton@NatGalleriesSco
執筆:Nekolas
Photo:Wikimedia Commons.

▼「私とブリトニー・スピアーズが自撮りを生み出したの」とツイートしたら……

▼1991年の公開映画『テルマ&ルイーズ』でも自撮りのシーンが!

▼ビートルズのジョージ・ハリスンも自撮りで記念撮影

▼世界初の自撮り写真は1839年らしい