ああ~、足りないわ~。最近何かが足りないわ~。なんだろう、胸にぽっかり穴が空いたようなこの感覚……。別に日々の生活に支障はないんだけど、近頃の私(あひるねこ)の人生、毎日が灰色なのよ。そう、何かが足りない。圧倒的に……!

そんなことを考えながら、夕暮れ時の恵比寿の街をフラフラと彷徨っていると、1軒のお店の前を通りがかった。その瞬間、すべてが解決したのである。そうか、そうだったんだ。私に足りないのは、鶏のから揚げだったんだァァァァアアア!! あと酒! 人生に輝きを取り戻すため、私は店に転がり込んだ。

・恵比寿でから揚げ

アットホームな雰囲気の店内。紹介が遅れたが、私がいるのは東京・恵比寿にある「らんまん食堂」だ。恵比寿駅から徒歩数分の場所にある。とにかく私の目を引いたのが、看板に書かれた「フライドチキンとレモンサワー」という文字。あらいいですね~、と足が向くのは必然である。

さらに自ら「うますぎるから揚げ」と名乗ってしまうあたりも最高だ。自分のことを可愛いと言って回る女には、とりあえずワンパンを食らわせてやりたくなるのが人情というもの。だが、この店にはそれを許せてしまうチャーミングさを感じる。

・熱いレモンサワー推し

さて、話を店内に戻そう。こちらはから揚げとレモンサワーを推しているお店なので、私もそれに従う所存である。というわけで、飲み物はビールではなくレモンサワー。レモンスムージーが乗った『タカレモンサワー(税抜491円)』を注文した。シャリシャリ感が爽快な1杯だ。これは間違いない!

・から揚げの種類ありすぎだろ

はぁはぁ。から揚げ~、から揚げをくれ~。さすがにから揚げ推しだけあって、塩、しょうゆ、フレンチ、黒酢、コチュと味は様々(いずれも税抜426円)。ここはスタンダードに塩と、あとはどうするか。ふとメニューに目をやると、どうやら他にも種類があるらしいぞ。へぇ~と別紙を見たところ……マジかよ!

なんと10種類以上のから揚げが名を連ねているではないか。これ、合わせたら全部で20種類くらいあるだろ! お、多すぎィィィィイイイ!! この時点でコンプリートは諦め、インスピレーションで『ネギ塩ラー油』と『チーズ溜まりしょうゆ』をチョイス。本当は一口ずつ全部食べたいくらいだけどネ。

・揚げたてウメェェェェエエ!

で、しばらく待ちぃーの、から揚げ届きぃーの、食べぇーの……ウメぇのぉ……。塩味はカラッと揚がってジュワッと肉汁が出てくる正当派から揚げで、ご飯にも酒にも合う万能タイプである。やっぱり揚げたてはウマいわ。さあ、レモンサワーで脂をサッパリ流してどんどん食べるぞ。

・ハズレなし

一緒に頼んだ『ネギ塩ラー油』と『チーズ溜まりしょうゆ』は、どちらも「これ嫌いな人はいないでしょ」と思える鉄板ぶり。変わり種と呼ぶにはもったいない程にクオリティは高い。失敗したくない人もぜひ頼んでみるがよろし。まあ、おそらく何を頼んでもハズレはなさそうだが。

・ポテサラに注目

最後に、地味にヤヴァイと思ったのがポテサラである。ポテサラなんて、どこで食べてもそこまで差がないような気がするよな。しかし、こちらの『上ポテトサラダ(税抜675円)』。メニューには「想像を超える、恵比寿っぽいポテトサラダ」と書かれており完全に意味不明だが、こいつがスゴイのだ。

まず見た目がスゴイ。え、何これ? クリーム? それくらいトロトロになったポテトの上に、生ハムがちょこんと乗っている。おお、これが恵比寿か……。

・想像を超えてきた

クラッカーにつけて食べてみると、うわッ、これもう本当にクリームじゃん! どうやって作っているのか分からないけど、まるでポタージュを食べているかのような感覚で手が止まらない。うおおおお、何だこれは! ウマすぎる!! ちょっと値が張るが、これは試してみる価値アリだ。さすが恵比寿やで。

・人生にから揚げを

心ゆくまでから揚げとレモンサワーを堪能し、灰色だった私の世界は色を取り戻した。主に茶色と黄色ではあるが、我が生涯に一片の悔いなし。そう、やはり人生にはから揚げが必要なんだ! なんだか無気力でやる気が出ないという人は、恵比寿で派手にから揚げ祭りを開催することをオススメするぞ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 らんまん食堂
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-4-1 内野ビル1F
時間 11:30~14:30、18:00~23:00(平日)、12:00~14:30、17:00~21:30(土・日・祝)
休日 年末年始

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼珍しい『レモンビール(税抜580円)』

▼こちらは『純レモンサワー(税抜426円)』

▼最高かよ

▼熱いレモンサワー推し!