変態仮面──。正式名称「究極!! 変態仮面」とは、1992年から週刊少年ジャンプに掲載された伝説のギャグ漫画である。2013年と2016年には実写映画化されるなど、いまだに多くの人を熱狂させる “記憶に残る作品” の代表格といえるだろう。

そんな変態仮面の特徴は、何といっても変態すぎるビジュアルだ。今から1年以上前、我々ロケットニュース24は「変態仮面のコスプレはおまわりさん的にOKなのか?」という検証企画を行った。結果的には逮捕まで至らなかったものの、久々に大人に怒鳴られるなど散々な思いをし、以来変態仮面のコスプレは自粛している……が、ついに封印を解く日が来たようだ……。

・ハロウィンならセーフかも?

あの日以来、変態仮面のコスプレで外には出ないと固く心に誓った2人の変態仮面(P.K.サンジュンとYoshio)。公然わいせつ罪には当たらなかったが「迷惑防止条例」に引っかかる可能性をおまわりさんから指摘された以上、我々も変態仮面に変身することは出来ない。

……が、世の中はハロウィンである。普段はもちろんダメだが、この期間だけは変態仮面も許されるのではなかろうか? なにせ変態仮面より露出度の高いアキラ100%さんに扮する人もいるらしく、何なら数年前には別の変態仮面も目撃されている。

我々としては決して望むところではなかったが、読者の方から「また変態仮面やってください!」というリクエストが多いことも事実。そして読者の期待に応えることが我々ロケットニュース24の使命である。や、やるしかねえ……! というわけで、泣きながらパンツを脱いだ。

向かったのは聖地・渋谷。さすがに仮装者がまばらな場所で、ポツンと変態仮面をやる勇気はない。いつもなら事務所から仮装して向かうのが恒例だが、今回は服の下に変態仮面を仕込み、渋谷へと向かった。

多くの人でごった返す、ハロウィン当日の渋谷。仮装者も多いが、警察官の数も尋常じゃないほど多い。もしおまわりさんの目が変態仮面を捉えたら……。隠すべきところは完璧に隠れているとはいえ、本当に捕えられてしまう可能性もゼロではない。

そしていよいよ、センター街に到着! ハンパな数ではない人波は、身動きを取ることすら困難だ。「バイオハザード的なウィルスをまかれたら日本終わるな」……というほど密集度は高く、センター街の入り口から中心部のマクドナルドの辺りまでおよそ20分かかった。

まさにここが渋谷のど真ん中……つまり日本のハロウィンのど真ん中である。変態海面の封印を解くのはここしかあるまい! さあ、渋谷は2人の変態仮面を受け入れてくれたのか? そしておまわりさんのリアクションは? 気になる続きは2ページ目へGOだ!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.