IMG_5254

天才と馬鹿は紙一重。昔からそう言われている。そのときは「バカな話を」と相手にされないことが、後々になって「実は天才的な発想だった」と認められるケースは意外と多い。エジソンやアインシュタインも、このケースに当てはまると言えるだろう。

──とある日のこと。当編集部の佐藤から常識では考えられない衝撃的なセリフが発せられた。彼は「飲食店に行って使用済みの割り箸を持って帰らないヤツは馬鹿!」「そんなヤツは飲食店に行く意味がない!!」と言うのだ。……全く意味がわからないが、とにかく彼の言い分を聞いてみることにした。

・そば屋での出来事

それは佐藤と遅めのランチを取っていたときのことである。その日はセルフ式の日本そばを2人で食べに行き、「さあ、そろそろ帰ろうか」と私(P.K.サンジュン)が食器を返却口に運ぼうとしたときのことだった。

IMG_5234

それまで穏やかだった佐藤の顔付きは見る見るうちに変わり、必死に自分を抑えている様子でこう呟いたのだ。

「サンジュン……まさか全部返却するわけじゃないよな?」

よく意味がわからなかったが、様子からすると何やら怒っているらしい。それでも戸惑いながら「ええと……全部返却しますけど?」と告げると、佐藤は鬼のような形相で雄叫びを上げたのだ!

「バカ野郎ォォォオオオオオオッ! なんで割り箸を捨てるんだよ!! お前わざわざ飲食店で食事して割り箸捨てるとか頭がイカれてんのか!? なんだセレブ気取りか? それとも石油王か? お前はいつからそんなに偉くなったんだ、このクズ野郎め!!」

img1469076908745

・割り箸が使えるらしい

理由はわからないが、どうやら “使用済みの割り箸” を捨てようとしたことに激ギレしているらしい。どうにかポジティブに考え「あ、エコですかね? パイセン(先輩)」と言うと、今度はキョトンとした顔でこう言った。

「サンジュン……お前マジでイカれちまったのか? 使用済みの割り箸にはエコよりよっぽどメリットがあるだろう? そんなこともわからんのか?」

IMG_5241

もはやちょっと怖くなるレベルだったので黙っていると、佐藤は仏のような顔つきになりこう呟いたではないか。

「使用済みの割り箸にこそ旨味が染み込んでるんやで? それくらいわかるやろ? 地球の宝・木で出来た割り箸に、海の恵みのダシが染み込んでるんや。いわば、海と山のハイブリッドやがな。地球そのものを味わえるのが “使用済みの割り箸” やないか」

IMG_5258

……なぜ関西弁だったのかはさておき、店を出た後、割り箸を両手に持ちつつスキップする佐藤。喫煙所でもタバコと割り箸を交互に吸いながら「これが一番のぜいたく。タバコの香りと割り箸に染みついた旨味がダイナミックに味わえる究極の喫煙法だ」と、満足気にタバコと割り箸をくゆらせていた。

IMG_5269

・使用済みの割り箸こそ至高……らしい

なお、佐藤に「使用していない割り箸は持って帰ってないですよね?」と尋ねたところ、「あたり前だろ! お前にはポリシーがないのかコジキ野郎!!」と鬼ギレされたことは記述しておこう。

IMG_5274

試しに私も割り箸をしゃぶってみたが、確かにダシの味はするし、木の風味? も抜群だ。ただし、これがウマいとは到底思えなかった。だがもしかしたらこの先、数十年後、数百年後には佐藤が「天才的」と評されるときが来る……かもしれない。未来は誰にもわからないのだ。

Model:賢者 佐藤
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼佐藤と2人でランチをしていたときのこと。
IMG_5228

▼返却口に食器を戻そうとしたら……
IMG_5234

▼佐藤がスパーク。
img1469076908745

▼佐藤「使用済みの割り箸こそ、海と山のハイブリッドが味わえるんやで?」
IMG_5241

▼うっひょーい!
IMG_5258

▼喫煙所でも割り箸とタバコを吸う佐藤。
IMG_5261
IMG_5266

▼佐藤「ダブル吸いは俺くらい繊細な感覚が必要だ。素人は真似しない方がいい(ニコッ)」
IMG_5269

▼仕事中も割り箸を堪能する佐藤。
IMG_5274

▼佐藤「やっぱりこれやなぁ」
IMG_5277

▼佐藤がゴソゴソやっているのでコッソリ覗き込むと……
IMG_5283

▼番号を振っていた! なんと165369番!! 佐藤「そろそろ家が割り箸でいっぱいだから引っ越そうと思ってる」
IMG_5287

▼もしかしたら後世で「天才的な発想」と評される日が来る……かもしれない。
IMG_5254