mawarudebu
異能力バトルアニメなどで定番である「重力を操る」能力。ものにかかる重力を変えるということは、地球上では重さを変えることとほぼ同じ。それによって空を飛べたり、逆に相手を地面に縛れるのはバトルにおいて大きなアドバンテージになる。ああ、一度でいいから重力を操ってみたい。

だがしかし、それはあくまでフィクションの話。現実には「重力を操る」能力なんて存在するわけがない。……と、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。今回ご紹介する動画の男性を見たら、みんな驚くことだろう。ぽっちゃり体型から繰り出される動きの数々は「動けるデブ」なんてレベルじゃない。完全に重力を操っている

・回り出したら止められない

男性の名前はトム・チャさん。ブレイクダンサー『BboyDummy』としても知られている。そのぽっちゃり体型からは可愛さすら漂っているが、ひとたび回り出せば誰にも止められない。

重力を無視するようなエクストリームな回転は、まさに縦横無尽。その体型から想像できない空中殺法の数々は、ブレイクダンスを見慣れているはずの聴衆でさえ度肝を抜かれるようだ。可愛いとか言ってごめん……。

・スピニングバードキック対決

数ある動画の中でも印象深いのは、ブレイクダンスのパーティーでのダンスバトルを収めた動画『BboyDummy Vs BboyKillBill 14/15』。この動画は、ブレイクダンスの技でBboyDummy(デブ)とBboyKillBill(ヤセ)が対決するものだ。

・人間って凄い

対決が始まると、格闘ゲーム『スト2』に出てくる春麗の必殺技・スピニングバードキックのような体勢で回り出す2人。遠心力でバランスを保ちつつ、グルングルン回る。これだけでも人間業とは思えない。人間ってスゲー!

・決着がついた瞬間割れんばかりの歓声

重力を考えると、2倍くらい体重がありそうなデブが不利な勝負であることは明白だ。しかし、この勝負に勝利するのはデブ。ヤセが音を上げた瞬間、周りで見ていた聴衆が割れんばかりの歓声を上げてデブに走り寄っていく。鳥肌ものの瞬間だ

トム・チャさんの映像を見ていると、改めて人間の可能性について考えさせられる。憧れが込められたフィクションの異能力も、実はあながち夢物語ではないのかもしれない。常識とは誰かが決めたものでしかないのだから。

参照元:Youtube[1][2]、Instagram @uc.bboydummy
執筆:中澤星児

▼スピニングバードキック対決

View this post on Instagram

Bboydummy vs bboy kill Bill 14/15

A post shared by Tom Tsab (@hrc_dummy) on

▼縦にも横にも回れます

▼大回転

▼どこでも回る

View this post on Instagram

Look at the hair go

A post shared by Tom Tsab (@hrc_dummy) on

▼重力仕事しろ!

View this post on Instagram

Troll lol

A post shared by Tom Tsab (@hrc_dummy) on

▼こちらは本家のスピニングバードキック