DSC03772

忙しい仕事が終わったあとの一杯! マジでウマいよな! でも、仕事中も酒を飲めたらいつもの100倍ぐらい、最高に仕事がはかどると思わないか?

記者(私)も酒が大好きなためよく昼休みに近くのコンビニへ行ってワンカップを買い、レジで一気飲みしてシャキッとすることがよくあるのだが、今回は休み時間なんて関係なく酒を飲める方法を教えたいと思う!

・加湿器と酒を用意

まずは自分が好きな酒と、家電量販店とかショッピングモールで売っている「加湿器」を買うのだ! 加熱するタイプだと火傷するので、必ず超音波式のものを選んでくれよな!

ちなみに酒は炭酸が入っているものだと上手く加湿器が作動しないので、焼酎やリキュールなどがベストだ! ただ、スピリタスやテキーラなどあんまりアルコール度数が高いものだと一瞬で酔っぱらうので、気を付けてくれ!

加湿器を用意したら自分のデスクに置き、酒を入れて噴出孔を自分の口に合わせスイッチオン! すると霧状の酒が自分の顔にかかってくるので、飲みたくなったら吸えばOKだ! これで安心して仕事中も酒が飲めるな!

・アロマと言ってごまかす

ただ、ブランデーやウイスキーなどあまり香りがするものを使うとバレる可能性もある。その場合は「アロマに最近はまってる!」と、酒ではなくアロマオイルの香りだということを強調すればたぶん問題ないぞ。

これで仕事中に酒が飲めなかったという大きな問題も解決! タバコも酒も仕事中に遠慮なくたしなんでくれ! あ、もしバレてクビになっても記者はなんの責任も負うことはできないので、やる場合は自己責任で頼む! じゃあの!

※加湿器も壊れるしたぶんバレるので、やめましょう。

執筆:佐藤記者
Photo:Rocketnews24.

DSC03766

DSC03753

DSC03759

DSC03763

DSC03772

DSC03778

DSC03775