中国でクジラが浜に打ち上げられるという事件が発生した。必死の救助のかいもなく、当日のうちに4頭全て死亡。大きく報じられた。

だが、事件はそれで終わりではなかった。その日の夜、何者かにより死亡したクジラから肉が切り取られるという事態が発生したのである。

クジラが打ち上げられたのは、黄海に面する江蘇省塩城市だ。2012年3月16日に4頭のクジラが打ち上げられているのを発見。現地では必死の救助活動が行われたが、17日に4頭全ての死亡が確認された。現地は悲しみにつつまれたそうだ。

ところが、死亡した当日の17日夜から18日未明にかけ何者かによってクジラの肉が切り取らたことが発覚。住民によると「車で浜に来た人がクジラの死体から肉を切り取って行った」ということだ。クジラは尾びれや頭の部分などが大きく切り取られており、体の下には血だまりができている。切り口は急いでいたのかかなり雑だ。
 
中国のネットユーザーは

「クジラかわいそう」
「ひどすぎる」
「救助に奔走した人の気持ちを踏みにじる行為だ」

とコメント。みんなで助けようとしていたクジラが死亡したニュースの直後だっただけにショックを受けた声も多い。
 
その一方で

「どうせ死んでしまっているのだから、肉を食べても問題ないのでは?」
「それより打ち上げられた原因を調査した方がいい」
「牛やブタや鶏はわざわざ殺して食べるのに、死んでいるクジラを食べて何が悪いの?」

と割り切った意見も多い。確かにどちらの意見も納得できる部分はある。
 
専門家によると浜で死亡したクジラの肉を持ち去ること自体は違法行為ではないそうだ。しかし、打ち上げられた原因の調査は完了しておらず「クジラの死体を調べるのであれば、その旨を先に伝えておけばこのようなことは起きなかったのかもしれません」とコメントしている。

ネット上の議論は他の生き物の肉を食べることの是非にまで広がりそうな勢いであるが……皆さんはどうお思いだろうか?

参照元:Youku 陝西二套都市熱線


▼前日までの救助の様子

▼現地ニュースの動画はこちら