豪快なハンバーガーが人気のファストフードチェーン『バーガーキング』。まるでバーベキューで焼いたかのような本格的なハンバーグ(ビーフパティ)に定評があり、日本でも多くの根強いファンが存在する。以前、当編集部の佐藤記者はベーコンを1000枚以上追加してハンバーガーを食べたが、今回は別のものを1000枚追加して食べてみた。

今回は、バーガーキングのハンバーガーにチーズを1000枚追加して食べてみた。はたして、どんなハンバーガーになるのだろうか? どんな味になるのだろうか? 今回注文したチーズ1000枚バーガーの詳細は以下のとおりだ。

・チーズ1000枚バーガーの詳細データ
ハンバーガー: ワッパーバーガー(661kcal / 282g)
トッピング: チーズ(45kcal / 12.5g)1000枚 = 45000kcal / 12500g
総熱量: 45661kcal
総重量: 12782g

・異様に重いと思ったら12キロもあった
1000枚のチーズを追加したハンバーガーを注文するべく、購入する3日前にバーガーキングに連絡をし、可能かどうかの確認をした。店員さんによると問題なくできるとのこと。チーズを用意するため、注文から3日後に店頭に行くことになった。そして当日、チーズ1000枚バーガーが目の前に登場。

あまりにも巨大なため、包み紙でつつむことができない。ということで、包み紙を何枚もセロハンテープでとめてチーズ1000枚バーガーをコーティング。店員さんがバーガーキングのトレイを貸してくれたので、そのトレイに乗せたままチーズ1000枚バーガーを持ち帰った。異様に重いと思って重量を調べたら12キロ以上もあるではないか! 重いはずだ……。

・今にも崩れそうな状態のチーズ1000枚バーガー
持ち帰って包み紙をはがしてみると、そこにあったのはハンバーガーとはまったく違う形状をした謎の物体だった! 頂上部分にトマトとパンがのっかっていたので、かろうじてハンバーガーであることがわかるが、最初はパンが落ちていた状態だったので、まさにチーズだけの状態だった。何かの巣にも見える……!

・思った以上に激ウマすぎてビックリ
チーズだらけのハンバーガー。皆さんはそれをイメージしてどう思うだろうか? コッテリな味? 油っぽい味? 佐藤記者も最初はそう思っていたのだが、実際に食べてみてビックリ! まったくコッテリじゃないし油っぽくない! バーガーキングのチーズは、チーズ単体でもすさまじく芳醇でスッキリとしたキレのある美味しさをしているのである!

単体でさえ美味しいのだから、ビーフパティやレタスやパンと一緒にして食べてマズイはずがない! 濃厚なのにスッキリとしたチーズ。これほどまでにハンバーガーにマッチしたチーズが存在するのだろうか? バーガーキングのチーズの美味しさに感動しつつ、ガツガツとチーズを食べまくる! 食べまくる! 食べまくる!

・ヒンヤリと冷たいチーズ
ビーフパティの熱でとけたチーズも美味しいが、さすがに1000枚も重なっているとチーズに熱がとおるはずもなく、ヒンヤリと冷たい状態に。しかし、それでも美味しく感じるのがバーガーキングのチーズの素晴らしいところ。バーガーキングはチーズ屋さんとしてもやっていける! 佐藤記者はガンガン食べ続け、350枚ほどのチーズを食べたあたりでギブアップ。「美味しいんだけど、これ以上食べると晩御飯を食べられなくなっちゃうから残す」と語っていた。

・みんなで持ち帰って食べました
残ったチーズ1000枚バーガーは、ナイフで切って仲間たち全員でチーズを持ち帰ることにした。この芳醇なチーズ、ハンバーガーに乗せて食べても美味しいだろうし、サンドイッチにしても美味しいだろう。もちろん、ワインとともにオツマミとして食べてもいい。

Model: フードクイーン佐藤
Adviser: Kuzo
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

































▼チーズをナイフで切り分けてみんなが持ち帰りました! 他の料理に使っても美味しい♪




[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]