JR御茶ノ水駅といえば、2021年4月に「消毒駅」が設置されてSNS等で話題となった。現在「消毒駅」は東日本エリア各駅で展開しており、御茶ノ水駅は “元祖消毒駅” と名乗っている。んで、どうやらかなりイケイケな状態らしい。というのも、今年(2021年)は……

駅公式キャラクター「ちゃみずん」も誕生し、最近はなんと “駅限定の自販機” も登場したという。駅キャラクターといえば、新宿駅のたぬきも奮闘中だ。しかし、もっと気になるのは自販機。御茶ノ水駅限定の自販機とは一体……気になったので実物を見に行ってきたぞ!

・御茶ノ水駅

まず確認したのは、御茶ノ水駅「聖橋(ひじりばし)口」改札付近にある元祖消毒駅。先述のように今年最も注目を集めた取り組みの1つだ。「元祖」と書かれた “ミニのぼり” まで設置している……駅員さん的にも大ヒットだったのだろう。ノリノリじゃないか。


つづいて見つけたのは公式キャラクター。キテレツ大百科のコロ助みたいな顔をしているが、よく見たら「湯呑み」。名前は御茶ノ水だけに『ちゃみずん』。どうやら投票によって選ばれたらしい。ちなみに2位が「チャバシー」で、3位は「ゆのみん」とのこと。へ〜。

なお誕生日は駅開業日と同じ明治37年(1904年)12月31日。今年で117歳だ。新キャラにしてはえぐい年齢設定である。


・御茶ノ水駅限定の自販機

で、で、で、いよいよ駅限定自販機なのだが、デカい看板が設置されていたので探す手間が省けたぞ。ラッキー。どれどれ……

御茶ノ水駅なので「お茶」と「水」だけの自販機はじめました。



なるほど。御茶ノ水だから「お茶と水」か……ダジャレ的には寒いものの、駅全体から漂う「何かやりそうな雰囲気」は良い。何より、デカい看板を設置して盛大にアピールしているのがナイスだ。消毒駅と同じように、駅員さんの揺るぎない自信があふれている。寒いけどな。


それはさておき、半紙に書いてある「お茶と水 香苑」の「香苑」とはどんな意味なのだろうか。問い合わせてみたところ、どうやら担当した駅員さんの雅号(がごう)、すなわちペンネームみたいなものらしい。またしても揺るぎない自信があふれている。あふれまくっている。


ちなみに「東北六県茶」や「白神山地の天然水」など、東北に関連する商品が多いため、商品の購入が東北の応援にもつながるようだ。


ノリに乗っている御茶ノ水駅を応援する気持ちも込めて、ミネラルウォーターを1本購入した。これからも期待しているぞ。

というわけで、皆さんも御茶ノ水駅に行く機会があればぜひユニークな企画に注目してみてほしい。現場からは以上です!


参考リンク:御茶ノ水駅構内図
執筆:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.