おそらく、お風呂でセレブ気分を味わうには、浴槽に「札束」を放り込むのが1番手っ取り早いだろう。しかし、札束風呂に入ったところで体はまったく温まらないし、世間からは冷たい視線を浴びることになる。たしかにバカだ、そんなことをする奴は……

なんて思っていたのだが、私は先日、フリマアプリで「お札タイプの入浴剤」を見つけるや否や、秒速で購入ボタンを押していた。ああ、私はただセレブに嫉妬していただけなのかもしれない。だって、一刻も早く入りたいのだ……お札だらけのファビュラス風呂にっ

・バブリーバブルバス

フリマアプリで399円で購入したのは『バブリーバブルバス』なる入浴剤。パッと見た感じは一万円紙幣……なのだが、よ~く見ると「バブル銀行」とか「拾萬円」とか書いてある。福沢諭吉先生の目もイッちゃってる。ってな感じのユニーク商品だ。

使い方は簡単で、お風呂に浮かべたお札が溶けたら、シャワーを当てて泡立てるだけ。ちなみに、ヒノキ風呂の香りもするらしいぞ。高級感があって良いじゃないか。楽しみですな。

というわけで、さっそく開封すると……すんごい古びたパリパリのお札(入浴剤)が出てきた。調べたところ、発売されたのは10年以上前とのこと。使用期限の記載はないが、お風呂には入れたくないビジュアルである。おそらく湿気でやられたのだろう。大丈夫なのか、これ。

……なんて、いちいち気にしても仕方がないので全投入。これでセレブの仲間入りだぜっ

よし、お札の枚数が10枚というのがビミョーに切ない気もするが、とにかくチョイ悪なセレブ風呂が完成した。ええと、なるほど……ヒノキ風呂の香りがしないどころか、ぷ~んと悪臭が漂っているな。けどまあ、見た目がファビュラスならそれでいい。セレブになるなら我慢も必要だ。しかーし……


投入してすぐにお札が溶けてしまったため、夢の札束風呂に入浴することはできず……ってマジかよ。ただのクセー風呂じゃねえか! その後、シャワーで泡立ててから「ぷかぷかアザラシ」と我慢のバスタイムを味わうことに。く、悔しい。セレブにはなれなかったか。


──せっかくなので最後に、入浴剤の台紙に記されていた「お金にまつわる格言」を紹介したい。

「財布は、その中に何か入っていなければ、ボロきれと変わらない」とのこと。まさにセレブが使っていそうな切れ味抜群の名言だぜ……ええと、現場からは以上です。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼動画はこちらです!