2020年11月30日、東京・渋谷の元フォーエバー21跡地に「イケア渋谷」がオープンした。ここは原宿に次いで2店舗目となるイケアの都市型店舗だ。イケアといえばスウェーデン発祥の郊外型家具店として知られている。いよいよ街中での店舗展開を本格化してきた。

そんな渋谷のお店には、世界初となるベジドッグの専門店「スウェーデン ビストロ」がある。一体どんなお店なのか? 利用してみると、これが安くて美味い! コスパが高すぎて、周辺のファストフード店はヤバいことになるかも!?

・平日午前は整理券予約を

ベジドッグは、ベジタブルパティを使用したイケアでも人気のフードメニューのひとつだ。それを専門的に扱うお店は、現在(2020年12月)、世界でもここだけである。渋谷店を利用するにあたって、1つ注意がある。まだ開業したばかりなので、入場制限を設けられている。

公式サイトで整理券予約をしないと、時間によっては入店できない可能性がある。午前中にお店を利用する場合は、あらかじめ整理券を予約しよう。平日午後なら予約なしでも入店できる。実際私(佐藤)が訪ねたのは12月1日午後。整理券なしですんなり入ることができた。週末は混み合うことが予想されるので、予約をした方が無難ではないだろうか。


・安い!

さて、目的のベジドッグ専門店は、1階の入り口を入ってすぐのところにある。


ベジドッグのメニューは全部で10種類。どれも安い! さすがイケア!! もっともシンプルな「スモーランド」は単品税込80円。ポテトチップス + コールドドリンク(レギュラー)を付けたセットでも税込220円だ。これは他のファストフード店には真似できない価格。渋谷のド真ん中でこの値段設定はすごいなあ。これをやられるとヨソのお店はキツイだろう……。


私は「ラップランド」のセットをマッシュポテト(+税込60円)とホットコーヒー(+税込50円)で注文した。会計時に番号札を渡されて、受け取り口で呼ばれるのを待つことになる。


・マッシュポテトが気に入った!

10分程度待って商品を受け取った。中身を見てみると、これがなかなかのボリューム。値段の割に食い甲斐がありそうだ。


ドッグの上には、サーモン・レタス・ルッコラ・ディルがてんこ盛り! 


中にはベジタブルパティが隠れている。パティは肉を使っていないので味はさっぱりしている。しかし食べ応えはしっかりとしているので、物足りない感じはしない。このサイズ感なら小腹を満たすのにちょうど良いかも。


ドッグも良かったけど、マッシュポテトが断然気に入った! ホクホクアツアツで風の冷たい日にはとても美味しく感じる。


口当たりはまろやかでジャガイモの自然な甘さに癒される。これを食べながらホットミルクなんか飲んだら、美味いだろうなあ。パンに塗ってオーブントースターで焼き目を付けても美味いかも。溶けるチーズを乗っけて焼いても良さそうだ!


郊外に行かなければ食べることのできなかったイケアの味を、こんなに近くで味わえるなんて素敵! 近くに行ったらチェックしてみて欲しい。ベジドッグのお店は世界でここだけだぞ!


・今回訪問した店舗の情報

店名 イケア渋谷 スウェーデンビストロ
住所 東京都渋谷区宇田川町24-1
時間 11:00~20:00
定休日 1月1日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24